タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

2016/05/28

上げ潮シーバス勝負

昨晩はエギングに行くかシーバスに行くか迷ったあげくシーバス釣行

行ったのは近所の河川

干潮潮止まりからスタート、さすがに潮位は低い

とりあえずコモモ125HDからスタート、単になんとなく・・・である

が、1投目からいきなりのヒット!小さいようでドラグが1mmも出ないまま寄ってきた

元気良くえら洗いするがあまりの元気のよさとロッドの操作ミスでオートリリース(泣

幸先がいいやら悪いやら・・・

しばらくコモモを投げていたが飽きてきたので色々ルアーローテーションするが反応はない




上げ5分




上の潮だけ下流方向に滑り出したのでラムタラバデル105をセット、流れに任せてリトリーブ

するとなにやらヒット!

えら洗いしないのでシーバスではないようだがボラ?何?と上がってきたのはこいつだ

001
チヌかよ!でも40cmくらいあった

その後は何事もなく・・はなく

上げ止まり寸前にヒット!

003

55cmくらいの元気な個体

久しぶりにシーバス釣った

完全に潮が止まったところでストップとした

今年は春イカが何気に釣れないのでこのままシーバスモードに





突入!!

か?



タックル
ロッド> ヤマガブランクス・バリスティック85/16
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザンブランジーノ16ポンド
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックス5号

2016/05/22

今年も対馬遠征

釣りには行っていたけど撃沈続きで弱ってるぱんこです。

そんな中、今年もエギング対馬遠征に行ってきました。

20日上陸しそのままポイントへ直行

最初のポイントでは風が強かったがなんとかやれそうでした。

エギを回収中に「ゴン!」という強い衝撃が!

奴の動きに合わせようとするとフックオフ・・・というかゲソカット

どんだけ活性高いんだ・・・と今後の展開に期待が持てる

次に向かったポイントは風の影響もなく非常に釣りやすいがイカの気配が全くなくチーン。

次に行ったのはTVでも出ていた超有名ポイント

ただ、アングラーは俺1人

根元から先端に向かって攻めていったが反応はない

先端を攻めていたら数名のアングラーが入ってきて動けなくなってしまった

しばらくするとエギを引っ張っていくアタリが・・・

このパターンは合わせても抜けるしサイズも小さいケースがほとんど

ロッドを立てたらやはり抜けた。ここからショートジャークを2回入れロングフォール、すると

フォール中がっつり抱いてきて合わせる。

上がってきたのはこいつ

001_2

 
400g・・・いや300g位か?

いやいや季節は秋かよ・・・と思わせるサイズでした

最初の一杯がこのサイズ、しかもメス・・・かなり厳しいかもしれない

しばらく投げていると待望の明確なアタリが

ロッドもいい感じで曲がっている

いいサイズだと期待したらこいつ

002


 オスのモンゴウ、1,5kgくらいありそうだがやさしくリリース

持って帰ったら後が大変だからね

最干になったところで移動、ここも雑誌とかで出ている超有名ポイント

まずはシモリを一つずつ打っていくが不発

次に潮通しの良いポイントで回遊待ちで攻めるが先に心が折れてポイント移動

その途中イカを発見、サイトで攻めると一発で出た

003_2


 
いやいや季節は秋ということで(笑

次に向かったのは浅い藻場がらみの地磯

浅いこともありエギを3.5号に落とす

1投目、30カウントしても40カウントしてもなかなか着底しないな~と思いロッドを立てると
ヒットしていました(汗

004



が、完全に季節は秋、エギとイカのサイズがほぼ同じって何なんだ?

いやいやここ対馬でしょ?まさかイカ終わった?

いろんな思いがめぐってくる。しばらく粘ったが何も起きずに終了

ここで一時中断し宿を取り買出しを行う。





夕マズメは朝一入ったポイントへ向かうも他のアングラーが複数いて断念し移動

次のポイントはベイトはいるもののイカの気配だけは全くなくこの日は終了





翌日
朝一から前日コウイカを釣ったポイントに入る、時合いは10~11時、それまでが長いがとにかく待つ作戦に

他県と思われるアングラー数名が入ってきて小さいながらもイカを釣っていたが俺が狙っているサイズではない。
そのアングラーが移動しまた一人に、移動も考えたが時間まで決め打ちする予定だったのでとにかく粘った

そういえば地元のアングラーは「3.5号しか使わない」と言っていたのを思い出しクリックス・プロスペック3.5号に変更、11時をちょっとすぎたところでエギの後ろにいいサイズのイカがついて来た。

これをサイトの裏技を使いステイ、がっつり抱いてきて合わせも決まった!

ロッドもいい感じで曲がっている、エギングはこれが気持ち良いのだ

無事タモ入れも成功しキャッチ

005


1.3kgの春らしいサイズだ
そこから時間一杯まで粘ってみたがタイムアップで終了となった

今回は対馬らしからぬ激シブだったが最後にいいサイズが取れたしまあ。まあこんな日もあるでしょう。


来年リベンジできたらいいな~

タックルデータ
ロッド> ダイワ・インフィートエクストリームEG80H
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500+RCS2508スプール
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>ダイワ・エメラルダスエクストリーム2.5号

 

2016/04/24

スーパームーン

昨晩は4月の満月大潮

エギンガーにとってはスーパームーン

いつも行く港に満潮に合わせて行ってみました。

港に着くとエサイカ師はおろかエギンガーすら居ないまさに貸切状態

これならやりたい放題できるな・・・と

で、いつもエサイカ師がいるポイント入るとボトムにはカジメやホンダワラ、少しポイントをずらすとアマモが生えていてベイトも多く潮も通る

こりゃ占領されるわけだ

色々エギをローテーションさせるが反応はない

ふとダイワのラトルタイプS・赤ベーコンフレアが目に止まった

このエギは行く前から気になっていたが手に取った瞬間なにか感じるものがあり早速投入

答え1投目で

0011.5kgクラスか・・・?

004足りませんでした(泣

写真を撮り2投目、よそみしていたらティップが入る感触があり即合わせを叩き込み

0022連荘!

1.2kgあるか??と思ったら

003ギリで1.2kgありました(嬉

その後は雰囲気はあるものの潮が止まり潮位だけが下がっていく状況であたりもなく時間切れで終了となりました

予定では3kgアップが釣れるはずだったが叶わぬ夢となってしまった

ちと残念

でもこれでイカが始まったことが分かっただけでも収穫でこれから5月いっぱいまでは3kgアップという夢を追いかけて行きたいと思います。




まってろよ!!



タックルデータ
ロッド> ダイワ・STX-EG 83MH-HD
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>ダイワ・エメラルダスエクストリームリーダー2.5号

2016/04/09

ダイワ・ガルバ87S・・・テストは上々

今年3月に発売されたダイワ・モアザンガルバ87S

ホーム河川では全体的に浅くマリブ78でもボトムを擦ってしまい使えなかった。

先行発売されたガルバ73Sではホーム河川」では抜群に良いのだが近所の1級河川ではボリュームが足りず使えなかったがこれは気持ちの問題

87Sはボリュームもありこれでガルバ⇒アイマ・ピース80⇒マリブ78というローテーションが組めるようになったのは自分的に大きい

発売されてすぐに一つ購入しテストすると抜群に良く追加購入

001
シルバー、クリアー、シルエットと3色購入

飛距離はマリブと同じくらいだがレンジは浅くコモモでもボトムを擦るような浅場でもストレスなくトレースできた

これで戦術の幅が広がるのは間違いない




さて昨晩の釣り

大潮ということもありまたいろいろなポイントを見て回りたかったので満潮時刻に合わせて釣り場へ

めぼしいところを一通りみたがポイントが一つ潰れていた

もうここをホームとするのは難しいかもしれない

下げ始めて1時間くらい経って入水

下げの流れが効いているので流れに強いルアーを中心にローテーションさせるがバイトはない

時間経過と共に潮位は下がるはずだがなかなか下がらない・・・と思っていたら一気に下がった

これによりニアシャローに入り込んでいたベイトが出てきたがこの川では初めてみた稚鮎が泳ぎ回っている

稚鮎に対応したルアーは持ち合わせていなかったのでガルバ73Sを投げまくるも不発

ごっつあん89Fでも不発

そうこうしているうちにコモモ110Fでもボトムをするような状況となり下流へ移動

潮止まり直前、干潟状になって川幅が一番狭くなっているエリア、そこだけ流れが効いている

そこにガルバ87Sを投入、数投目で奇跡のヒット!

002
50cmくらいだったが元気いっぱいの個体だった

丁寧に蘇生してリリース、ゆったりと川へ戻っていきました




よっしゃー




釣れたポイントの流れも止まり緩く惰性で流れ始めたので帰りながら打つとまたまた奇跡のヒット!!

これも元気な個体でえら洗いを繰り返す

するとリアフック1本だけ掛かった状態となり強引に抜き上げキャッチ

003
これは50半ば、ファイトが良かった分かなり体力を消耗しているようだったので時間をかけて蘇生しリリース、ゆったりと川へ帰っていきました。




またまた・・・よっしゃー!!




ヒットルアーはどちらもダイワモアザン・ガルバ87S・レモンソーダミント、シルバー系ではあるがアピールも十分でこれなら近所の河川の暗い中でも十分に使えるカラーだ

それからは完全に流れも止まり終了とした




ここの河川ではこの時期にしか浸かれないのでホーム緒戦で2本は出来すぎ、そしてヒットルアーに感謝、フィールドに感謝なのである。。




本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザン アーバンサイドカスタム87LML
リール> ダイワ・(旧)イグジスト3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン8ブレイド16ポンド
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックスFX5号

2016/03/25

待ちに待っていた

ようやく待ちに待っていたルアーが手にはいりました。

ダイワ・モアザンガルバ87S

003



もうね、子供が欲しがっていたおもちゃを買ってもらって大喜び・・・みたいな気分

先に発売されていたモアザンガルバ73Sはホーム河川では抜群に扱いやすいのだが近所の河川にいくとボリューム不足であまり投げなかったがこのサイズの登場で近所の河川でのリップ付きシンペンのローテーションの穴が埋まるのでこれからが楽しみ

ホーム河川でも浸かりポイントではスリットが入っていてスリットの上ではマリブ78でさえボトムを擦ることがあったがこれなら確実に攻めることが出来ると期待しています。

今のところこのハッピーレモンしか手に入ってないのですがもう何色かは後日届く予定

73sみたいに初卸しでキャッチ・・・みたいなことになるといいが今夜は満月大潮

満月大潮ではマズメ時以外いい思いをしたことがなく苦手な潮周りなのですが今夜はテスト兼ねて出撃します。




あとは釣りたい~~