タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/25

ダメダメ

宮崎遠征から得たもの・・・

それはこれからの人生の目標・・・

そのためにも足りない物を補うために今日もフィールドに立つ






今朝の釣行

サーフポイントを2箇所に絞込みどちらに入るか迷った

どちらかにベイトが大量に入っているはずだが

当然どちらも×は十分にありうる

ここはカンだけを頼りに遠い方のエリアBに入る

夜も明けきらぬ午前5時から開始

波は穏やか

このポイントは初めてだったので少し様子を見て廻る

大きな岩が見えるのでこのキワを中心にして投げるが無反応

徐々に明るくなってきた

入ったときは感じなかった生命感を感じる

ベイトが差してきた

ほぼ同時にボコ!ボコ!と単発ながらボイル

集中しつつ投げまくる

5分後には沈黙しまたしても生命感のない海へと戻った

ベイトの足が早い?

しばらくするとベイトは戻ってきた

以降ボイルは全くなくそのまま撃沈!






途中何箇所か見て廻るがベイトの姿はない

そして問題のもう一つのエリア

2009_11250004

2009_11250005

こっちかよ!
次頑張ります






タックルデータ

ロッド> ダイワ・ラブラックス98ML-PE
リール> ダイワ・ハイパーセルテート3012H
イン> ダイワ・モアザンブランジーノ8ブレイド20ポンド
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックスFX6号
ゴミ > 壊れたウキ

2009/11/24

電撃!宮崎遠征その2

宮崎遠征2日目

この日はオオニベの実績のあるポイントを中心に廻ってみました。






朝マズメ、河川絡みのゴロタサーフに入ることに

高い所から波を眺め入れそうな場所に入る

2009_11230007

ベイトは確認できなかったがとにかく投げまくる

時折サゴシが飛んだりしていたのでベイトはいるようだ

裂波140、ナバロン150F、ザブラ139Fと投げるが反応はなし

時折やってくる高い波飛沫を受けずぶぬれ(笑)磯ヒラやってる感覚でした

2時間ほど経ったころベイトが何かに追われ逃げ惑う

時合いか・・・

しかし気合は入るも何事もなく午前は終了






宮崎市内を徘徊後仮眠しポイント捜索

ナイトで入るポイントを絞り込み備え






夕マズメもそのポイントの近くで打つが何事もなく終了

雰囲気だけはかなりある

下げのタイミングを待ってメインポイントに入る

冷たい雨が降りしきる中5時間位投げまくり心がついに折れ終了

遅い夕食をとり翌朝の状況を調べる

あまり状況は変わらないようでしばらく考えた後撤収





初の宮崎遠征。個人的にはかなり難しいフィールドのように思いました。
ベイトと地形変化が全く分からず・・・

2日間打ちましたがノーバイトも十分ありうる状況だっただけに嬉しい1本でした。

これから見えてくる新たな課題・・・

この課題を克服し再度挑戦したいと思います

2009_11230002






タックルデータ
ロッド> ダイワ・ブランジーノサーフカスタム109ML
リール> ダイワ・セルテートハイパーカスタム3012H
ライン> ダイワ・ハイパーサーフセンサー1.5号
リーダー>ダイワ・デュラブラリーダー40ポンド
ルアー> 裂波140・ナバロン150F・ザブラ139F・ザブラ15Fその他

2009/11/23

電撃!宮崎遠征その1

いよいよ待ちに待った日が来ました。

11/21、22と宮崎に遠征

狙うは夢の怪物オオニベとサーフでのヒラスズキ

20日夜遅く出発、5時頃到着。

ポイント情報は事前に調べた場所のみでその他の情報はなし

後はこいつで自力探索(笑

2009_11230008
思いっきり100均地図




まずはサーフに入らないと・・・ところが入浜経路が全く分からず

適当に道を進んでいくと遊泳禁止の看板とサザエ捕獲禁止看板

駐車場の目の前には広い砂浜

ついに憧れの地に足を踏み入れた






まずは目の前のカレント

左手より平岸流が流れていて離岸流とぶつかり払い出している

こういったところがポイントになるっちゃろか?と思いつつ裂波120博多サーファーを投げる

1投目からバイト、合わせ損ない外す。

3投目でヒット、大きくはないがいいファイト・・・エラ洗いの洗礼を受けつつキャッチ成功!

念願の初の砂ヒラ小さいですけど

2009_11230001
50cm位

その後10投目でバイト、乗らずカラーを替え投げる(サバ)

全く当たらず

コモモ・トマホーク、R50、SL14と入れるが不発

そうこうしているうちにサーファーが浜に入りだしプチ移動

結局バイトを得ることは出来なかった

仮眠後、ポイントを探しあちこち動き回る

入浜経路は一応分かったが何処にもベイトが居らず釣る気になれない

夕マズメは投げ師がいた場所に入るも反応なく夕闇に包まれた。






ナイトは朝の場所に入った

チョロ川との絡みからか少なからずベイトが居たためだ

明るい時間帯と違いナイトでカレントを見つけるのは難しかったが発見

かなり潮位が下がる所まで粘ったがバイト無くこの日は終了とした






タックルデータ
ロッド> ダイワ・ブランジーノサーフカスタム109ML
リール> ダイワ・セルテートハイパーカスタム3012H
ライン> ダイワ・ハイパーサーフセンサー1.5号
リーダー>ダイワ・デュラブラリーダー40ポンド
ルアー> 裂波120・裂波140・ナバロン150F・R50LD

2009/11/07

調査のちヒラメ

本日のサーフ調査

このポイントはとにかくサ~ファ~が多く釣りはなかなか出来ない

今日は波がフラットで調査はできるだろう・・・ということで入浜






やはりサーファーはおらず他の釣師が何人かいた

着いて早々ボイル祭り真っ只中

サゴッシーかと思ったがどうやら違う

浸かりつつ確認するとシーバスやん

R40+SG、サスケSS95、しまいにはローリングベイトまで投げたが全く無視

ボイルは潮目と共に離れ目の前には平和な光景が広がった

シーバスを諦め狙いをヒラメにする






裂波120・ヒラメカラーを投入。一撃でヒット!!

2009_11070006

30cmは超えていた(笑






その後サーフの状況を調査したが遠浅でほぼフラットな地形

今後の釣行に繋がるデータは取れたので移動






途中寄り道して地元サーフに入る

ボトム激荒れで釣りにならず終了とした






タックルデータ

ロッド> ダイワ・ラブラックス98ML-PE
リール> ダイワ・ハイパーセルテート3012H
ライン> ダイワ・モアザンブランジーノ8ブレイド16ポンド
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックスFX4号
ゴミ > ペットボトル4本