タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

« 2010年10月 | メイン | 2011年3月 »

2011年1月

2011/01/22

今期初シーバス

この時期はやはりコノシロ付きシーバス

今季初の釣行ではベイトを発見できずチーン

そして2度目の釣行

前日ベイトが居なかったポイントで本当に居ないか確認

やはり居なかったので移動

次のポイントではベイトがごっそり

そしてやはり付いていたようで時折怪しい動きを見せる

レンジを下げつつ攻める

ザブラ15Fで

HIT!

198

サイズはそれなりですが嬉しい1本となりました。

まだまま釣れそうだったがこの1本で満足してしまい終了

良いスタートが切れました。

今年もボチボチと行きます。。

2011/01/16

3度目の宮崎遠征

1月12日より15日まで単独宮崎入り

狙うはあのオオニベ

チャレンジしなければ釣ることは出来ない

そのチャンスがやってきたのだ

そして少ないチャンスに賭けてみる

その結果は・・・
11日深夜に出発

寒波が入ってきたためルートに悩む

問題は雪

高速か山越えかで悩みました。で結局山越えしてみました

多少雪は降っていたのですが問題なく走れました。






初日の朝マズメは前回最期に入ったポイントに入る

波は多少のウネリが入る程度で前回と違って釣りやすい

1ヶ所目は何も無く不発

ベイトも確認できず、カレント、払い出しなども分からなかった

2ヶ所目は河川がらみのポイント

水面にはイナっ子が泳いでいて時折ざわつく

こっちじゃねーかと思ったのも束の間ボイル祭りが始まる

裂波120やコモモスリム130、K2F122などを投げるが不発

30分ほどで食事タイム終了

こちらも食事タイムとし終了とした
その後あちこちポイントとなるか見て回る

その中で前回唯一ベイトを確認できたポイント

するとベイトとなるサッパ釣りをしている人が数人

沖ではボラが跳ねまくり近い位置でも泳いでいるのが確認できた




夕マズメ

高い位置から潮の当たり、流れを読むが読みきれなかった

最干からのスタート

カレントもはっきりしなかったので打ちつつピンでの付き場を探す

一度だけルアーにアタックしてくる魚体を見たがそれっきり





こうして1日目は終わり
某サーフの際の駐車スペースで車中泊
夕食後、外に出てサーフ側を眺めると稜線から地形変化が見て取れた

朝マズメはここで勝負!と決めて明日に備え就寝しようとしたが車の中がとにかく寒い

気温-3度・・・

念のため用意しておいた鮎タイツ+ネオプレーンソックスを装着

これで寒さ対策は万全である




2日目のスタート
ここは全く判らないポイントだけに遠投できてあまり潜らないルアー
SL17F-Gをセットしその1投目

スローリトリーブ4回転目でドス!

あれ?動かない・・・

一撃で根掛かりをしてしまった

しかもあっさりプチッと逝き一気にヤルキダウン

それでも後々の為調査することに

稜線の変化の場所は岬状にサンドバーが出来ており沖はヨブがあるようで波が立ち上がる

その先にも沖にヨブがあり
そこにカレントが絡んでくればかなり美味しいが波の向きや強さからそれは期待できそうにない

それでも釣れそうな雰囲気だったので暫くねばるが反応は無い

更にビーチウォークし調査歩ける範囲で良さそうなのはその2箇所だけ

入れ替わりで地元アングラーがそこに入ったことからポイントであることは間違いなさそうだった
浜からあがり別のポイントを調査する

が遠浅だったりベイトが見当たらなかったりとなかなか見つからない

ポイントを探しウロウロしているとミサゴ?がダイブするのが見えた

よーく見てみるとボイルしている

しかも魚はかなりデカそう

オマケに射程圏内

速攻準備してボイルを打つが不発

ただなんとなく魚が近く感じた瞬間だった
昨日夕マズメに入ったポイントに向かうが激荒れ

波頭の上まで砂が巻き上げられており浜全体が茶色く濁っている

一目で諦め移動しその移動先が激シャロー

何とも言えない悔しさがこみ上げてくる

明日はボイル打ち!

と心に決めて翌日に備えた。。
宮崎滞在3日目・・・

朝は初日に入りボイルボコボコだったポイントに入る

河川絡みのためベイトに付くシーバスをとりあえず狙ってみた

入水すると思ったより潮位は低い

めぼしいシャローやブレイクを打っていくがベイトの気配なし

沖には漁船

気にせず投げるが反応は得られず

明るくなりベイトが浮いてきた

しかし水面で追われている気配はなくそのままチーン

少し移動し打ってみるがそこでもチーン

上がる間際漁船の様子を見ると回遊コースと思われるところに網入れ

そらダメだわ






ポイント捜索で何箇所か見る。その中にいかにも・・・というようなカレントを発見
187
即準備

投げるが水深は浅い感じだったのでレンジの入らないミノーで攻める

良さそうに見えるが反応は無い

時合い待ち?

そう思い一旦休憩

潮位を確認しそれまで休んでいた

予定の時刻になり行ってみると干上がってるし・・・

とりあえず投げること3投目


HIT!

って君じゃない!

186

でも初物だけにちょっと嬉しかった

暫く打ち移動

とりあえず程度に昨日の朝入ったポイントに

やはりメジャーなのか何人か投げている

それを眺めながら

明日ラストに賭けるか・・・

撤収するか・・・

折れかかった心が揺れる

しかし人は入れ替わり立ち代り入っているのでやはり良いポイントのようだ

最終の決断は勝負!

負けて元々

勝負しなければ掴むことは出来ない

そう思い明日ラスト勝負を賭けることに決めた






最終日

この日の朝気温は高くさほど寒くはない

そそくさと準備する

ポイントに向かっていると車が1台入ってきた

そして先にポイントに入って行った

邪魔にならないように距離を保ちつつヨブの際を通していく

良さそうな感じなのだが反応は無い

サンドバー左を打っていたがどうしても右が気になる

しかし先行者がいる為移動に気を使う

1時間ほどして右に移動

いくつかローテーションさせるがやはり反応は無い

移動か?粘るか?

いままで移動し失敗してきたのもあって

良いポイントで粘るのも一つの方法だと考え粘りこむ

うっすらと明るくなりそれにあわせてルアーチェンジ

手に取ったのはタイドスリム145SLD-F

しかしイマイチ・・・

タイドミノーフライヤー140・チャートバック/コットンキャンディーをセット

理屈ぬきである種の輝きを感じた

1投目で釣れるならこれや!と確信めいたものに変わる





5投目・・・ミディアムリトリーブでサンドバーの際を抜けたとき






ドス!






そして首振り1発






ジジーーー




奴は 物凄い勢いで走り始めた

いつもよりきつめに閉めているドラグが普通に出て行く

指でスプールを押さえると止まる、離すと走る

とにかく頭の向きを制御しつつこちらも移動していく

ポンピングで寄せようとするが全く動かない

油断すれば容赦なくラインを引き出される

スプールを指で押さえ後ろに下がりダッシュで前進しリールを巻く

まさに人間ポンピング(笑

こうして徐々に魚との距離を詰める

何度かこんなやり取りがあり大きな波が押し寄せ

その引き波のあとには・・・










































なんじゃこりゃー






























しかしヒマはない

次の波が押し寄せてきたのだ

素早く魚を素手で掴み高い所へ引き上げる

ライジャケに掛けていたフィッシュグリップが外れない

なんてこった!先端とコードが絡んでいるではないか

半ば強引に外し魚を掴んだ!




























192






よっしゃー




もっともオオニベとは到底呼べないサイズだが念願が叶った瞬間である

191

92cm

推定7.5kg

しかし感動に浸っているヒマはない

どの位ライフが持つか分からないからだ

絶対リリースする。何故かそう感じた

何枚か写真を撮り蘇生、そして無事にリリース・・・

ゆっくりと泳いでいく姿をみてほっと一安心した

ヒットしたルアーのフックは伸びまくりこれでよく獲れたと感心する

203

その後も投げるが気が入っていかない

心のどこかにもう十分だという気持ち、そして2本目という欲深い気持ちが交錯する。

それを押さえ込み次に向かう

少し移動して狙うも不発

その後ビーチウォーク

めぼしい所は打っていくが反応は得られず

こうして朝の戦いを終えた

明るくなり気がついたが沖には漁船が大集結

197

波打ち際にもベイトが入ってきている

地形変化+流れ+ベイト

この3つが今後のヒントになるかもしれない





一旦撤収のため片付ける

そこで大きなミスを犯してしまうのだが・・・

少し寝たあと市内を徘徊

水、食料を調達

夕マズメは腹を決めている

そう、もう一度あのポイントへ・・・





さすがに土曜日となるとアングラーは多い

時合いを見極めそのタイミングに合わせてポイントへ入る

入れ替わりで帰っていくアングラー

日没1時間前には貸切状態となる

自分の感覚では日没後から1時間勝負!

ベイトは確認、流れも来ている

あとは運だけ・・・

205

そして燃え尽きた・・・

車に戻り撤収準備をしているとネックライトがないのに気がついた

着替えやそのほかの物をひっくり返して探したがない

ついでにリストバンドもないのに気がつき記憶を辿っていく

午前中撤収したときにそのまま置いてきた・・・のか?

ちょっと探したが見つからず諦め完全に灰になりましたよ





ニベとの格闘は本当に運が良かった

次は1年後か5年後か10年後か分からないけれど

もう一度勝負したい






次はM超えを狙って・・・

194

タックルデータ
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノ109MLサーフゲームカスタム
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012
ライン> ダイワ・モアザンブランジーノ8ブレイド1.5号
リーダーシステム>ダイワ・デュラブラリーダー40ポンド+0.6mmウレタンチューブ+カルティバ・クロスロックスナップ#2

2011/01/08

そこに穴があったから

うちのチビちゃん(略してちーちゃん)

だいぶ大きくなりました。

そこに穴があったから

1231

入った

そして脱出!

1230

抜けない

さらにもがき脱出

1229

抜けない

・・・

ジャンバーの袖に入るのだけはご勘弁を!!

1228

可愛いけどね~






あれ?





これ釣りブロのはずだったが・・・