タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/30

テスト釣行&インプレ

さて先日のことですがロッドのテスト釣行に行ってきました


テストしたのはこれ、スキッドロウ・セカンドステージ・マグナムジャーク710

307

自重が112gとめちゃ軽いのが決めてとなり発売されて即バイトしたやつです。

315


家でリールを装着したときにはバランス悪いな~と思っていましたが実戦ではそんなことはなく普通に使えました。


このロッド、マグナムジャークというネーミングの通りパワーはバリバリ、かといって棒ロッドではなく曲るパワーロッドといったところでしょうか?


キャストはほとんどがライナーで飛んでいったのでスイートスポットが非常に狭いのではないでしょうか?飛距離はこのクラスでは標準的、メジャクラ・ライカル792EHよりは安定したキャストが出来ましたね。


さすがのパワーロッド、4.5号上等というジャークができました。エギマル4.5号、エギ王Q4.5号、モンスターワンディープも楽勝で扱えました。欲を言うならもう少し曲った方が扱いやすいかな~。まあパワーロッドにそれを求めてもいけませんけどね。一番扱いやすかったのは4号のミッドスクイッドRVSでしたけど(笑


感度は・・・・・ノーコメントというレベル、ダイワの超高感度ロッドに慣れると少々の感度では悪く感じますね。実際は如何なんだろう?自分のレベルではよく判りません。


イカを掛けていないのでアタリの伝わり方や掛けてからのロッドの曲り方なんかは判りませんが結構曲るのではないでしょうか?そこら辺は楽しめそうです。


超大物狙い専用になりそうですが今シーズンはコイツとともに掛けまくりたいですね。


・・・って・・・その前に釣りに





行けるのか?

2012/04/09

後継者

ついにそのときはやってきた

引退

といっても釣竿の話

長年使っていたブランジーノ109MLを買い換えることにしました

そんで候補は2本

ブランジーノAGS1010MML

モアザンAGS109MML

まずは1010MMLだがルアーウエイト35g、ティップはかなりソフトで鬼掛け仕様

ウエイトはこのクラスでは超軽い155g、AGS搭載の最高級のサーフロッド

続いてはAGS109MML

ルアーウエイトは50gとジグまで投げられる仕様、鬼掛けとまではいかないがティップはソフト

ウエイトはさらに軽い145g、ココまできたら普通に9f台のロッドと変わらんし

で、実戦を想定しありとあらゆる方向から導きだした答えが・・・

332

です

使うルアーが20~30gメインなことと鬼掛け仕様ティップまでは必要ないこと

一番の決め手は軽さとパワーの両立

少しでも肘の負担が少ないに越したことはないですからね

AGS搭載というのも魅力ですがガイドの強度には不安を感じています。

特にぶつけたりしたとき・・・

なにがともあれこのロッドで宮崎の怪物対峙といきたいですね。

その前にこのロッドを使いこなせる





のか?