タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月

2014/05/29

プチ連敗脱出

昨晩も懲りずにエギング(はい、前回釣ってから約10連敗くらいしている)

ポイントに着くとエサ師が全く居ない

先週土曜日はエサ師だけで満員御礼状態だったのに・・・である

こちらとしては釣りやすいがエサ師が居ないということは釣れないということじゃないかと

ま、とりあえずやってみた

今回ロッドを変えてダイワ STX 922MHX-SVを持ち込んだ

このロッドを使うのは実に3年ぶりなのである。

ここ最近はエバーグリーン・マグナムジャークセカンドステージを使っていたのだが釣れないのをロッドのせいにする・・・・わけではなくちょっとした検証という感じだ。

釣り始めて1時間、3段しゃくりからのフォールで違和感を感じ電撃フッキング

小さいながらもジェット噴射を感じる

ひょっとしてコウイカかも・・・と思っていたらビンゴ

005

エギはダイワのミッドスクイッドHR-Vのシャロー4号、ホログリーン杉

このポイントでシルバー系を使うとコウイカがやたらと釣れる

なるほど、エサ師がいないのがわかる気がする。

で、連発

006
これは1kgちょい(1.2kgぐらい?)あった

1時間ほどするとモゾ~と藻掛かりしたような感触があり回収・・・ってタコでした。

007
これはミッドスクイッドシャロープラスのピンクホロ

今晩はホロ地が当たりなのか?

さらに追い討ちをかけるように1発

008
これは最近発売されたヤマラッピ監修のエメラルダスラトル タイプS インパクトシュリンプ?

これを最後に3時間の沈黙ののち心が折れて撤収とした。




今回ロッドを変えたのロッドが硬すぎてエギがきちんと動いていなかったのでは?という疑問からでコウイカとはいえ結果が出たということに何か意味がありそうな感じ

春エギングシーズンもあと少し、この間に検証してみたいと思います。




タックルデータ
ロッド> ダイワ・STX-EG 922MHX-SV
      
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500+09エメラルダススプール
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックス2.5号




余談だが922MHXの腰が抜けてきたような感じがした。代わりとなるロッドが無いだけに悩ましいところだ。。

続きを読む »

2014/05/05

いきなり出た~

昨晩は近所の激戦区へエギング

といってもエサ師が大変多くしかも水深は10m弱あるのに藻が繁茂していてノーマルエギではすぐに藻ダルマになるような場所。

で、ダイワのシャローエギとガンクラフトの魚邪の軽を準備しての釣行

なぜダイワのエギを愛用するかというとシャロー系4号エギがそれほど多くは無く選択肢がない(後はブリーデンのエギマルシャローしかしらない)。今回はミッドスクイッドSZ-RVのシャロー(これが一番沈降速度が遅い)をメインに使ってみました。

定番の金/ピンクからスタート

2投目、3段しゃくりからのフォールで「もあ~」とイカ独特の感触が伝わってきて電撃フッキング

ドラグもジ・ジ・ジといい感じで出ていき重量感たっぷり

浮いてきた瞬間1.5kgは楽勝確定サイズでもしかしたら2kg・・・が頭をよぎる。

0011.7kg

きっちりキャッチして捕獲成功

いきなりのいいサイズに今晩はいけるぞ!という気に久しぶりになりテンションもアップ!

その後満潮から下げ1時間の時合いまで7時間しゃくり倒して終了

このタイミングでエサ師はボコボコだったので居たのは間違いないのだが・・・・

結局2匹目のドジョウとはいきませんでした。

今年は絶不調でもしかしたらノーヒットでシーズンが終わるかも・・・と思っていただけに嬉しい1杯となりました。

しかし今回は釣れるときは簡単に釣れるものだと思ったし今までこだわりとかあり考えすぎていたのかもしれません。

次もがんばります





タックル
ロッド>エバーグリーン・スキッドロウセカンドステージ・マグナムジャーク710MH
リール>ダイワ・イグジストハイパーカスタム2500
ライン>ダイワ・UVFエメラルダス8ブレイド08号
リーダー>シーガーグランドマックスFX2.5号

続きを読む »