タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

« 2015年2月 | メイン | 2015年5月 »

2015年3月

2015/03/28

エイ地雷踏む

昨晩も近所の河川に浸かり

干潮からのスタートだったので潮位は低い

流れは出ていたのでノーマルコモモを投げるが反応はない

流れがゆるくなったところでコモモカウンター投入

しばらくするとコン!とアタリが!!

あわせると魚の動きは伝わってい来るのだがなにかおかしい

よせてくるとあれ?

001_2



あれ?



002



きみは誰?

1.3mくらいありました。しっかり口に掛かっているし

ライン切って魚をはずしリリースしました。

こういうときはバーブレス楽だよね。

そして移動

最初のポイントは向かい風がすごくてルアーが30m飛ばない

でさらに移動

無風だがベイトの気配は薄い

しばらく打って水の中をエイ地雷に注意しながら移動

水の中の石に乗ったところ脚を滑らせた

瞬間なにか変なものを踏んだ

とっさに脚を上げるも何かに噛み付かれたような感触

そして鮎タイツまで浸水&激痛が・・・

エイ地雷を踏んでしまった

すぐに釣りを中断

119番通報して緊急病院を紹介してもらうように頼むと別のセンターで紹介するという

激痛と戦いながらもセンターに連絡して病院を紹介してもらう

嫁が何事かと起きてきたので病院まで連れて行ってもらう

受付から初診までの時間はのた打ち回るくらいの激痛で気が狂いそうだった

レントゲンを撮ってもらうと幸い棘は刺さっていない模様

痛み止めを飲んで応急処置で患部をお湯で温める処置がとられた

お湯の温度は約45度、少々熱いがここは我慢、約1時間くらいお湯を注ぎ足しながら温めていく。足湯効果か身体が暑いが痛みはどんどん薄れていく

ガーゼでふきあげ新たにガーゼを貼ってもらい処置終了、痛み止めと化膿止をもらい病院を後にする

出血は止まらずガーゼの上からタオルを巻いてこの日は終了

翌朝・・・

痛みはなくなったが出血は止まらずマキュロンしたあとガーゼを巻いてこのログ書いています。




エイの毒はたんぱく質らしく温めてやることで解毒作用がおこるらしい

応急処置にはこれが一番のようだ



対エイ装備そろえないといけないかもしれないと思います。




皆さんも地雷には注意しましょう。。




タックル
ロッド> ヤマガブランクス・バリスティック85/16
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザンブランジーノ16ポンド
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX6号

2015/03/01

偶然か必然か?

超有名ポイントの近所の河川

土曜日の21時、下げ5分となればだれかしらロッドを振っているような激戦区

昨晩は雨で風もあり「今夜は貸切かも^^)」

その一心で釣り場へと向かう

予想通り貸切(笑

ちょっと潮位が高いが入水

このポイントでいつも使っているナバロン125Fスリムからスタート

ベイトの気配がまるでない

しばらく様子みしてレンジは下かと思いゴッツアン125Fを投入

5投目くらいでゴン!いつものボラかと思ったらえら洗い数発、

キャッチしたのはまぎれもなく50半ばの元気なシーバス

006



 ベイトも居ない下げの流れも効いていない状況でのヒット、多分偶然かと(笑

しばらくゴッツアン125Fを投げてカラー変えて投げてみたがやはり続かない

その後下げる潮にレンジを少しずつ上げながら狙っていくが反応はなし






下げ止まり

前回のベイトの群れが偶然か必然かの検証のため移動

完全に潮が止まっているが動き出しがチャンスとひたすら待つ

冷たい雨の中浸かっているとさすがに冷えてきて手の感覚も徐々になくなっていく

それでも粘ったがタイドグラフ上の上げ5分まで粘ったが反応はなく終了

家に帰り再度タイドを確認したところ終了時刻が下げ止まりとなっていました(泣




何処見てたんだろう?




タックル
ロッド> ヤマガブランクス・バリスティック85/16
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザンブランジーノ16ポンド
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX5号