タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

« スーパームーン | メイン | 上げ潮シーバス勝負 »

2016/05/22

今年も対馬遠征

釣りには行っていたけど撃沈続きで弱ってるぱんこです。

そんな中、今年もエギング対馬遠征に行ってきました。

20日上陸しそのままポイントへ直行

最初のポイントでは風が強かったがなんとかやれそうでした。

エギを回収中に「ゴン!」という強い衝撃が!

奴の動きに合わせようとするとフックオフ・・・というかゲソカット

どんだけ活性高いんだ・・・と今後の展開に期待が持てる

次に向かったポイントは風の影響もなく非常に釣りやすいがイカの気配が全くなくチーン。

次に行ったのはTVでも出ていた超有名ポイント

ただ、アングラーは俺1人

根元から先端に向かって攻めていったが反応はない

先端を攻めていたら数名のアングラーが入ってきて動けなくなってしまった

しばらくするとエギを引っ張っていくアタリが・・・

このパターンは合わせても抜けるしサイズも小さいケースがほとんど

ロッドを立てたらやはり抜けた。ここからショートジャークを2回入れロングフォール、すると

フォール中がっつり抱いてきて合わせる。

上がってきたのはこいつ

001_2

 
400g・・・いや300g位か?

いやいや季節は秋かよ・・・と思わせるサイズでした

最初の一杯がこのサイズ、しかもメス・・・かなり厳しいかもしれない

しばらく投げていると待望の明確なアタリが

ロッドもいい感じで曲がっている

いいサイズだと期待したらこいつ

002


 オスのモンゴウ、1,5kgくらいありそうだがやさしくリリース

持って帰ったら後が大変だからね

最干になったところで移動、ここも雑誌とかで出ている超有名ポイント

まずはシモリを一つずつ打っていくが不発

次に潮通しの良いポイントで回遊待ちで攻めるが先に心が折れてポイント移動

その途中イカを発見、サイトで攻めると一発で出た

003_2


 
いやいや季節は秋ということで(笑

次に向かったのは浅い藻場がらみの地磯

浅いこともありエギを3.5号に落とす

1投目、30カウントしても40カウントしてもなかなか着底しないな~と思いロッドを立てると
ヒットしていました(汗

004



が、完全に季節は秋、エギとイカのサイズがほぼ同じって何なんだ?

いやいやここ対馬でしょ?まさかイカ終わった?

いろんな思いがめぐってくる。しばらく粘ったが何も起きずに終了

ここで一時中断し宿を取り買出しを行う。





夕マズメは朝一入ったポイントへ向かうも他のアングラーが複数いて断念し移動

次のポイントはベイトはいるもののイカの気配だけは全くなくこの日は終了





翌日
朝一から前日コウイカを釣ったポイントに入る、時合いは10~11時、それまでが長いがとにかく待つ作戦に

他県と思われるアングラー数名が入ってきて小さいながらもイカを釣っていたが俺が狙っているサイズではない。
そのアングラーが移動しまた一人に、移動も考えたが時間まで決め打ちする予定だったのでとにかく粘った

そういえば地元のアングラーは「3.5号しか使わない」と言っていたのを思い出しクリックス・プロスペック3.5号に変更、11時をちょっとすぎたところでエギの後ろにいいサイズのイカがついて来た。

これをサイトの裏技を使いステイ、がっつり抱いてきて合わせも決まった!

ロッドもいい感じで曲がっている、エギングはこれが気持ち良いのだ

無事タモ入れも成功しキャッチ

005


1.3kgの春らしいサイズだ
そこから時間一杯まで粘ってみたがタイムアップで終了となった

今回は対馬らしからぬ激シブだったが最後にいいサイズが取れたしまあ。まあこんな日もあるでしょう。


来年リベンジできたらいいな~

タックルデータ
ロッド> ダイワ・インフィートエクストリームEG80H
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500+RCS2508スプール
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>ダイワ・エメラルダスエクストリーム2.5号

 

コメント

コメントを投稿