タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

« 2017年1月 | メイン | 2017年4月 »

2017年2月

2017/02/26

近所の河川で初釣り

昨晩は近所の河川での初釣り

関門でのコノシロパターンも考えはしたのだが他のアングラーが多そうだったので切り捨てての釣行

満潮ちょい下げからスタート

すぐにでも浸かれる潮位だったが寒いんでもう少し下げてから・・・と思いテトラから打つ

最近お気に入りのリップ付きシンペン⇒ミノー⇒リップ付きシンペンとローテーション

なんにも反応はない

ベイトもまだ入ってきていないみたいでシーバスも入ってきてないかな~

浸かれる潮位になったのでウェーディングしてみた

ごっつあん125Fから入りサスケ、ラムタラとレンジを上げながら攻めるも不発

リップ付きシンペンのマリブ78⇒ピース100⇒ピース80とローテーション

するとピース80でヌメ~とした感触

バイト?あわせるがバイトではなかった

マリブ78に戻してもヌメ~という感触

ボトムは泥質なのでボトム擦ってるのかと思いマリブ92でレンジを下げる

ヌメ~はなかったがなんとここで思わぬヒット!

ガバババとエラ洗いし下に突っ込んだ瞬間フックアウト

この時期の貴重な1本を逃してしまった

その後マリブ78を投げるとヌメ~はなくなった

流れの変化?なんだか分からないまま時間だけ過ぎていく

潮位も下がりきり干潮間際

さすがにマリブ78、ピース80でボトムを擦り出したのでガルバ87を投入するも何にもなく終了タイムを迎えた・・・




んで、今回初めてユニクロのヒートテック厚手を着てみた

以前は鮎タイツを使っていたのだが動きにくく冷えると骨身までキンキンになる

ヒートテックではそれがなく膝が少し冷えた感はあったものの動きやすく浸かっているときには冷たさを感じたが陸に上がるとそれもなく非常に良いな~と感じた

これからはこれを使っていくと思う

しかしバラした魚は悔しい、これで3釣行バラシ、キャッチできるのか心配になった夜でした。。




本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS97MML
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン12ブレイド27ポンド
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX6号

2017/02/06

関門以外のコノシロパターンで

先日は関門エリア以外でのコノシロパターンを調査

昔はがっつりコノシロが入っていたエリアで今もはいっているようだったら期待できる

最初のポイントはベイトの気配もなくレンジもK2F142とサスケ130剛力、ザブラ15Fでチェック

反応が全くなく移動

次のポイントも魚の気配がなく剛力とザブラ15Fで粘るもチーン

3箇所目

ここはコノシロのほかにもイナッ子がいるので多少は期待できる

まずはエンゼルキッス140で広範囲を探る

時々イナッ子に当たるのでチャンスあり?

ロウディー130Fでレンジを入れて探るも不発

思いつきでザブラ15Fを投入

4,5投目で弱いながらも吸い込むようなバイト、一瞬間をおいて合わせるもすっぽ抜ける

ルアーを回収するとテールフックにリーダーが引っかかっている

もしかして頭から吸い込んだ?

しばらく投げたがそれ以降はなんにもなく終了

これでこの近辺のコノシロパターンは成立しないという結論に達した

やはり関門エリアがいいのかな~





今回のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS1010MML
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012
ライン> ダイワ・モアザン8ブレイド20ポンド(1号)
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックス5号