タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

« NEWロッド入手 | メイン

2017/06/27

オールドルアー

さて、事故って入院し手術を受けたのが約1ヶ月前、今はリハビリ週3、そして不要なルアーの整理をなんとかやってますが社会復帰はもうすぐといったところ

そのルアーの整理中に懐かしいルアーが出てきました。

001 

この画像だけでルアー名が分かる人は相当なマニアかオールドフィッシャーマン(笑

どアップで

007
はい、バグリーのジャンピングマレットですね。

このルアーは中坊の頃から使っていたのですがとにかく釣れる

バルサ製でほぼ垂直(水面に対して80度くらい?)で浮き、ジャークさせると切れの良いダートをする扱いやすいルアーだった

002
今では同じようなコンセプトを持ったルアーはいくらでもあるが当時はなかったように記憶する

今のルアーにたとえるならジップベイツのフェィキードックが一番近い。なんとなくですが(笑

バルサ製で固定重心なのだがリアフックのヒートンのところにウエイトが仕込まれていて意外と飛ぶ

このリアルな感じとアクションならシーバスでもいけそうである。

本場アメリカではバスというよりマングローブ林でのスヌーク狙いで使われているようだ

ジミーロジャース(だったと思う)がマングローブ林でのピン打ちで使っていたように記憶する

さて話はそれたが手持ちの中でもおなかにあるプリントが年代によってなのか微妙に違う

おそらく初期

009
ジャンピングマレットのはずがフィンガーマレットになっている。

フィンガーマレットとはシンキングタイプでアイが真ん中についているジャークベイト

当初はフィンガーマレットはこの1種類だけでのちにシンキングを発売しフローティングのジャンピングマレット、シンキングのフィンガーマレットに分けたのではないかと推測する。

あくまで個人的感想

そして

010
これはバグリーだけ

どっちが先かは分からない

そしてアメリカンルアー輸入代行店キュリオシティーに頼んで取り寄せてもらったのが

011
これはきちんとジャンピングマレットになっている。

ただプラドコの取り扱いの関係で色々迷惑をおかけしました。ごめんなさい

カラーも色々ありアピール系

003
リアル系

004
クローム系

005
プリントが雑になった新しい系(?)

006
こんなスペシャルカラーもある

008
とにかくカラーは豊富

貴重なコレクションだから手放すことはないと思うが手放すときは俺が死んだとき

永遠の別れ・・・というやつだ

とりあえず俺が死んだら釣具は全て中古屋に引き取ってもらえばいくらかの金になる・・・とだけ伝えている。もっともたいした金額にはならないと思うが(笑
たまにはこうして古いルアーを眺めてグラス片手に思い出に浸るのも悪くはないな。
また機会があれば古いルアーを記事にすることにしよう

コメント

コメントを投稿