タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

« 2017年6月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017/09/30

ヒラメのちシーバス=サスケ裂波120!

今日、久しぶりにサーフゲーム

夕マズメからの勝負

まずはヒラメを狙う

まずは様子見でトレイシー25gを投入する

鉄板って飛ぶね~

その後DUOのフリッパー30gをチョイス

メタルジグの割には浮き上がりが早い印象

次にサスケ裂砂を投入、これも浮き上がりが早い印象

フライヤー120、タイドミノー105LDとローテーションさせるも不発

暗くなったのでシーバスモードに突入

まずはサスケ95SSを様子見で使いサス裂波120を投入

しばらく投げているとヒット!今年はばらしてばかりなので慎重に寄せてキャッチ!

サイズは・・・あれだが今年初のシーバスに感激

006

サスケ120のサイズからシーバスのサイズが分かることだろう(笑

その後しばらく投げていたが反応はなくコモモトマホーク130を投入するも不発

裂波120の別のカラーに変えて投げていると終了のアラームが鳴りラスト1投

これが意外と10投とかしてしまうのだが1投だけ・・・

すると奇跡が起こりなんとヒット!

これは先ほどの奴よりサイズがいいので慎重にやり取りをして無事キャッチ!

008

事故を起こしようやく復帰してキャッチしただけに超うれしい1本となった。

丁寧に蘇生して無事リリース、元気が余っていたのかすぴゅーんと闇の中へ消えていきました

そして無事帰宅できました。

復帰して釣りができるようになったもののシーバスを釣り上げることができるのか心配だったがそれもクリアしてようやくフィールドに戻ってきたという実感がわいてきた。

これからも交通安全、安全釣行に気をつけて楽しんでいきたいと思います。




本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS97MML
リール> ダイワ・イグジスト3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン8ブレイド16ポンド
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX5号

魔界への誘い・・・

先日自宅にてDYIを実施・・・というより猫のゲージの改修工事(笑

そのとき長年使っていた安物のラジオペンチのグリップが外れ使いにくくなった

そこで新しくラジオペンチだけを買うつもりで釣具屋に行ってみた。

ペンチのコーナーは小さく使いたいサイズを探すのもたやすく見つかった

ラジオペンチぐらいではメーカーにはこだわらないのだが

本命のスミスのものはなくシマノは先が細く使いにくそうだった

結局ダイワのものを購入

001

サイズはメインで使っているロングノーズのスミスのものと比べれば分かりやすいだろう

003

釣具屋は魔界・・・と呼ばれることもしばしあるがまさに魔界

ついでルアーコーナーに突入

するとサスケ裂波120のハッピーレモンとおぼしきカラーを発見し買い物かごに

004

そのほか数点を買い物かごに入れたがここで自制心が働きサスケとペンチだけ残して

他の商品は元の位置に戻した

それでもサスケだけはとても輝いて見えてついつい買ってしまった。ペンチは予定通り

こうして魔界を抜け出すとなぜかサスケを買ってしまった罪悪感だけが残り帰宅となった。




やっぱ釣具屋やべ~よ

2017/09/17

オーパ!

さて、入院中に嫁様からの差し入れ

オーパ!

001


定期的に持ってきてもらっていたのだがその中の1冊

当時はツアーなんぞ無くはるか遠い未開の河川

故開高健氏の冒険と釣りとの融合

さすがに行くことはできないが読むことによって妄想にひたる

こういう釣りには憧れさえ感じる

はるかかなたの地にて・・・

2017/09/08

ブランジーノAGS87MLMデビュー戦

昨晩は交通事故後初の釣行

予約受付段階から手をつけていたロッド

ダイワ・モアザンブランジーノAGS87MLM

001

今まで浸かりに使っていたロッドが終わり次のロッドに求めていた性能全てを兼ね備えたスペック

そのデビュー戦をリハビリ兼ねて行ってきました。

リールをセットすると重さを感じることなくすぐに馴染んだ。EVAが硬いのは新品の証拠、いい感触だ

出発

ポイントにつくと状況は最悪、ベイトとなるイナッ子が悠々と泳いでいる

釣れにくい条件だが引き返すことはできない

最初の1投、フルキャストはできないがそれなりに投げる

意外と飛距離が伸びた。左手があまり状態がよくないので引き手に力が入らなかったにも関わらず・・・だ

ルアーの挙動も流れもラインにゴミが掛かっているという情報もすべて伝わってくる

すさまじい感度で取り回しも抜群に良い

しかもガイドはAGS97MMLと同じはずのAGSだがガイドに絡んだりといったトラブルは全く無い

最初は潮位も高くルアーのテストみたいになったがどれも97と同等かそれより飛距離が出る

ちょっと思いつきでコモモ125SPを投げるとコン、ガガガとバイト、弾いてしまう。サイズは小さかったようだ

徐々にキャストもロッドを曲げこんで投げられるようになってきた。それと共に飛距離も安定して出る

開始から2時間くらい経つと突然水面がざわついてきてイナっ子の大群が接岸、これにシーバスが付いていてボフ!と強烈な捕食音が響き渡る。セットしてあるコモモを投げ込んだがハズレ、時合いは2分ほどで終了・・・

目の前には平和が訪れた(笑

しばらくはいろいろルアーを交換しながらやっていたが浸かれる潮位になったのでウェーディング開始

浸かってからの状態からもキャストはしやすく飛距離も十分、狙っていた通りの性能だ。

浸かり始めてすぐくらいに霧が出てきてあっという間に白い世界に、こうなったら感度だけが頼り

しかし必要な情報は手に伝わってくるので安心して白い世界にキャスト

シャローがあるであろう方向にマリブ78を打つと一発でヒット、あわせると水面を滑ってくるような感触の後ポロリ

パワーがある分小さい奴はオートリリース(笑) ここは仕方なしかも・・・

そうこうしているうちにタイムアップ、終了とした。

さて、このブランジーノAGS87MLMだがパワー面以外は(魚掛けてないのでわからん)文句の付けようのないロッドで先行予約してまで買った意味はあったと感じる。ウェーディングではなおさらそれを強く感じた

これから先どんな経験ができるか分からないが今後が楽しみである



本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS87MLM
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン12ブレイド27ポンド
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX6号




翌日・・・




左手(怪我したほうの手)がむくんで痛い~

(泣