タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

シーバスタックル Feed

2015/06/05

き、きたー

5月発売なのに4月初めに予約してしまったルアー

ダイワ・ガルバ73S

001

浅いレンジをマリブのアクションで狙えるといううたい文句に即バイト

ホーム河川ではマリブではどうしてもボトムを擦るので使えなかったがこれなら使えるはず

早くテストしてみたいな。。

2012/08/19

テストしてみました

このライン、ご存知東レ。シーバスパワーゲーム

シルキーなラインでPEコート剤なんていらないんじゃないかと思える製品

結束力もあるのでオススメの一品

で、以前使っていたのですが半年くらいで終わってしまいダイワのラインに戻した次第

もう一度使いたいな~

2012/04/09

後継者

ついにそのときはやってきた

引退

といっても釣竿の話

長年使っていたブランジーノ109MLを買い換えることにしました

そんで候補は2本

ブランジーノAGS1010MML

モアザンAGS109MML

まずは1010MMLだがルアーウエイト35g、ティップはかなりソフトで鬼掛け仕様

ウエイトはこのクラスでは超軽い155g、AGS搭載の最高級のサーフロッド

続いてはAGS109MML

ルアーウエイトは50gとジグまで投げられる仕様、鬼掛けとまではいかないがティップはソフト

ウエイトはさらに軽い145g、ココまできたら普通に9f台のロッドと変わらんし

で、実戦を想定しありとあらゆる方向から導きだした答えが・・・

332

です

使うルアーが20~30gメインなことと鬼掛け仕様ティップまでは必要ないこと

一番の決め手は軽さとパワーの両立

少しでも肘の負担が少ないに越したことはないですからね

AGS搭載というのも魅力ですがガイドの強度には不安を感じています。

特にぶつけたりしたとき・・・

なにがともあれこのロッドで宮崎の怪物対峙といきたいですね。

その前にこのロッドを使いこなせる





のか?

2012/03/05

悲しい現実

最近は体調不良なんかもあり全く釣りにいっていません。

釣りに行きたいという気持ちはあるのですがなかなか「一歩」が踏み出せないのです。

病気が原因なのはわかっているんで焦らずボチボチと・・・ですね。

それでも通販サイトとかオークションを覗くと

ぽちぽちぽちぽちぽちぽち・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とやってしまう

やっぱ病気だわ





そんなこんなでストックだけが増えていくし未入魂ロッドも何本かあるし

欲しいロッドもあるしでやっぱ病気だわ







331







今年はアカメとかにもチャレンジしたいな~

2010/09/01

想像

Photo

ご存知ご当地カラーの裂波120

地元なのに初めて買いました。

裂波の実力は言うまでもありません。

このルアーであんな所やこんな所、はたまたアソコで使いたい・・・









などと妄想する時間が楽しかったりします。。









個人的には裂波140で博多サーファー出してくれないかな(笑








あの場所で使いたいですもん。。

2010/04/18

落としたが

発売されてすぐに購入した07ルビアス3000

OHの周期もだんだん短くなり予備機もかなりやばい

ちょうど10セルテートが出るので乗り換えには都合が良い

最新機種だけにヤフオクに出ていないか気になり覗いてみた

すると早くもショップ系が出している模様

と何気なく見ていたのだがとんでもないものを発見

嫁との交渉で元の予算内ならOK!というので

即落!
出品から約20分で落札

1298

1299
イグジストハイパー3012

ボディーのみですが・・・

ハイパーカスタムなのでノーマルに比べると重いですがそれでもカタログ値では245g

3008エアスプール

を組み合わせるとノーマル3012より若干軽くなる・・・はずだった

カタログ値は49g、3012との差はおよそ12gとなる

暫定的に組んでみるとなんとなく重い
セルハイパー3012スプール+セル3012H 55mm+T字コルク小

その重量

1306

いままで使っていたルビアスを測ってみると

この重量

1307
これにライン重量約5g加算で実戦重量となります

ボディーのみ測ってみると






イグハイパーは・・・

1301





一方ルビアス3000は・・・

1303






・・・ほとんど同じじゃねーか






こうなると軽量化するためにどうしたら良いか考え各パーツごとに測定






その結果がこうだ






ドラグノブ

イグジスト

1300





ルビアス

1302






セルテート

1304

ハンドルはイグジスト、ルビアス30g、セルテートが35gとなった画像はなし

セルテートはハンドルノブがラージタイプとなっている為この重量

となると

スプールでしか軽く出来ないことが判明

となると

スプールの軽い個体を探さないといけない

というわけでこの重量では

オークション逝きだな

























































1308

ノーマルイグ3012と同じ?

工業製品だから多少のばらつきがあるのは仕方がないがあまりにも重すぎじゃね?

2009/12/30

来年に向けて

戦力補強じゃpunch

来年はこれで奴を仕留めたいねww

1244

2009/12/19

帰還

本格的に寒くなりました

外は爆風やし

雪も横に飛んでるし

タダでさえ時間がなく釣りに行けないっていうのに・・・

そんな中メンテに出していたロッドが帰ってきました












まずは不慮の事故で入院したエギングロッド

1238_2

ガイドを2箇所交換し9240円也












スレッド割れを起こし入院したモアザン・サーフカスタム

1239_2

3360円也












続いてはルビアスのパーツ2種類

1240_2

1242_2

合わせて4725円也












セルテートハイパーのパーツも2種類

1241_2

1243_2

2730円也












これらを合計すると・・・












2マンオーバー  Σ(=°ω°=;ノ)ノ













って・・・












どんだけ~~
今年は大人しくしておきますww

2009/12/06

強制終了

ようやく時間の取れた今日の午後

メインリールのライン巻き替えを行った

といっても新品を買う資金はないので宮崎遠征に使ったラインを関門用に巻き替えただけ

そのときだった

キズ等入っていないかチェックしていると

あ、

キズ逝っとる・・・

ノブも・・・

2009_12060002
ルビアス2台 セルテート1台

スプールも・・・全滅!!

2009_12060004
ルビアス用3個、3012が2個

このスプール、

2009_12060003
左の奴ですが

オークションで落としたのだがもともと中は削れまくり

格安だったがこのくらい大丈夫だろうと使用していたところ

キズが他のスプールに・・・

ノブ側にも入っていったことから

スプールのキズ⇒ノブにキズ⇒他のスプールにキズ⇒他のノブにキズ

という感じでしょうか

これは痛い

ロッドも入院(退院予定はクリスマス明け??)していることから今年は強制終了crying













まあ、時間があればめばっちに癒されることにしよう。。

2009/10/06

チューブノット

チューブノット・・・・・これは最近テストしていたノット

元々のオリジナルは私ではありませんが簡単、確実な方法を紹介します。

これはサゴシや太刀魚といった歯の鋭い魚や大型シーバスの歯ズレ対策用で

リーダーにウレタンチューブを噛ませ補強するノット。
ちなみにこれが必要となるような魚は掛けていません(泣






チューブは投げ釣り用のカラミ防止パイプ。内径0.6mmで40ポンドリーダーまでOK!

もし不安であれば内径0.8mmや1mmでも大丈夫だと思います。

漁師結びで止めると結び目は小さくなりルアーの動きを妨げません。






チューブは下のような投げ釣り用の透明タイプ

リーダーは30~40ポンドが基準になると思います。

2009_10030003

チューブを20~30cmくらいにカットしてリーダーに通します

目安としては

今回撮影用に赤いチューブ使用、リーダーは60ポンド
2009_10030004
このくらい?もう少し長い方がいいかもですが・・・


リーダーを通すとこんな感じ
2009_10030005

スナップにラインを通し折り返します。
今回撮影用にエギを使いました

2009_10030007

チューブを指で押さえ外掛けで3,4回巻きつけループの中に2回通します

2009_10030008

2009_10030010

本線からゆっくり絞め端糸⇒本線⇒端糸⇒本線と絞めつつ形を整えます

このときチューブがスナップの下に潜り込むとノットが曲るので×

この段階で位置を調整し抜けたらノット自体を緩めれば大丈夫です

このくらいまでゆっくり絞っていき

2009_10030011

本線を渾身の力で絞め上げます。そのあと端糸も締め上げます

2009_10030012

ノットの形が台形になっていれば成功shineshine

2009_10030013
リーダーがチューブに食い込んでいるのが判りますね

余分な端糸をカットしライターでコブ止めし完成

2009_10030014

実際のノットはこんな感じ

2009_10030015
チューブ0.6mm リーダー30ポンドでの結束

ファイトリーダー60ポンドとか組むよりは安心ですし

この方法だと結び目が小さくなりルアーの動きを妨げません。



まずはサゴシでお試しあれ(爆