タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

その他の釣り Feed

2017/01/16

チャレンジオオニベ2017

今年もチャンスがありオオニベにチャレンジしてきました。

今年は

001
みごとなまでの満月

満月でのチャレンジは初めてなのでどうなることやら・・・

3時ごろからスタート

ベイトの気配もな~んにもなく時間だけが過ぎていく

東の空がしらじら明けてきた

ルアーをローテーションさせレンジや波動、カラーを変えて行くも反応はない

そのまま9時頃までやってみたがなんにもなく終了

他のサーフを見て回ったが何処も似たような感じで釣れそうにない

昨年別の意味で痛い目にあったサーフに行くとボラがバンバン跳ねていたので狙ってみたが不発

今回の遠征で初めて生命感を感じた瞬間でもあった

仮眠をとり更に開拓・・・したかったが見つからず・・・

夕マズメは河口に隣接するサーフでヒラメを狙いつつオオニベ待ちという作戦で狙ってみたが両方不発

地元のアングラーはメタルジグや鉄板系を使っていたのでボトムが攻略のカギとなりそうだ




2日目




この日は午前中しか打てないのでポイントを絞り込みボラが跳ね回っていたサーフに入る

朝マズメ前から開始

ミノーで狙うも不発、次にバイブをボトムまで落としリフト&フォールさせてボトムを狙うも不発

色々考え狙いを変えていくも昨日あれだけいたボラが全く居ない

そうこうしていくうちにタイムアップとなり今回の遠征は終了となった




今年は当たり年らしくかなりの数が上がっているようだったが全く気配もなく終わってしまった

ただ数年前と違ってオオニベパターンも確立されつつありチャンスが全くないわけではない

そのキーワードはベイトにありベイトを見つけられるかどうかというところにありどことなくヒラメ狙いにも共通したところだろう

次チャンスがあればまたチャレンジしたいものである



今回のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS1010MML
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012
ライン> ダイワ・モアザン8ブレイド30ポンド(1.5号)
リーダー>ダイワモアザンエクストリームタイプN40ポンド

2016/01/14

チャレンジオオニベ2016

今年もチャレンジしてきました宮崎の怪物オオニベ

運がすべてといっても過言ではないチャレンジだが昨年やられたので今年はチャンス無しかもと思ったり

チャレンジしなければ結果は出ないので行くしかないのである

初日

昨年やられたポイントに入りランガンする

そしてサスケ剛力130で

002
今年初物はヒラメでした。

ランガンを続け明るくなると状況は非常に悪い

よくヒラメ釣れたな~と感心する

朝食後2つ目のポイントへ

ここもあまり状況はよくないがとりあえずやってみたがチーン

やはりオオニベは簡単にはいかない

このポイントも見切りをつけ晩の買出しに市内へ

釣具のかめやがあったので入ってみる

買いたかったルアーがあったので補充、ついでにスナップ等小物も調達

ベースのサーフで仮眠・・・眠れない

ウトウトしていると警察がやってきて職質を受ける

話が長くなると面倒なのでこちらからオープンにしていく

一通り見てもらい何も問題ないことを確認してもらい撤収してもらった

2日目、まだ暗いうちからポイントに入るが状況は最悪

一応投げるも釣りにならない

1時間かけてポイントに入り4,5投して1時間かけて駐車場に戻る

仮眠をとり一番入りたかったオオニベポイントを探す

見つけたときには感動でした

ポイントに入り4時間ほど粘るも反応はなくチーン

やはり簡単にはいかない

ポイントを移動し色々見て回るがどこもあまりよくない

早々に見切りをつけこの日は終了、買出しして翌日入るポイントの駐車場に向かう

すると頭痛はするは気分は悪くなるはで寝るどころではなくなった

薬を買いに宮崎市内に行く

薬の調達もできそれを飲むと頭痛も落ち着き寝ることに

全く眠れない

そのまま3日目朝マズメ前の最干の時間帯にそのタイミングでポイントに入る

地形変化やチョロ川などさまざまなポイントを見つけることができた

朝明るくなっても投げ続けるも反応はなく満潮潮止まりまで打ったが撃沈

心が完全に折れ撤収とした

今回メインで狙ったポイントは前回とはうって変わってフラットなシャローサーフになっていて

何処を狙えばいいのかわからなくなった





今回の釣行は収穫もあったが失ったもの、そして忘れ物をしてきた

それでもチャレンジしなければチャンスは来ない

そのチャンスを物にすべくこれからもチャレンジしていきたいと思います。


今回のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS1010MML
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012
ライン> ダイワ・モアザン8ブレイド30ポンド(1.5号)
リーダー>ダイワモアザンエクストリームタイプN40ポンド

2015/01/15

チャレンジオオニベ2015

今月、突然の5連休が確定してから遠征しか頭に入らなくなっていた

やっぱりオオニベ

憧れの魚でもあるしもう一度という気持ちが強い

釣具屋の某店員からは買ったルアーに

「オオニベ狙いですか?」と言われる始末

半分当たってますが(笑

約1週間かけて準備万端

13日夜に出発、

狙うポイントは前回オオニベを釣った場所

朝3時ごろ到着

そそくさと準備を進めていざ突入!

波が若干高いが釣りは出来るレベル

前回と違うのが地形

全く別のサーフとなっていました。

暗い中波を読みつつまずシマノ・サイレントアサシン140Sを投げる

無反応・・・というかボトムを擦ってる感じ

なのでダイワ・ショアラインシャイナーSL17にチェンジ

1投目からいい感じ

3投目・・・

まさかの

ドス!

そして首振り数発

ヤ、ヤツだ!

確信してあわせを入れる

ずっしりとした重量感とともにドラグが鳴り響きラインが出て行く

50m位走られたくらいで一度ドラグを締め込み指でラインを止めた瞬間

フッ・・・・・

ラインテンションが抜けてしまいました

やってはいけないラインブレイク

しかも残り10mくらいのところで切れている

メンテ不足が原因か? いろいろなことが頭をよぎる

半分パニックにもなっていた

ラインシステムを組む手が震えなかなかうまくいかない






釣り再開

時間が経つにつれて波は徐々に高くなっていく

やはり近ずく低気圧によるものなのか

朝9時頃一旦切り上げコンビニ朝食

そしてめぼしい道をウロウロ

ナビはこれ

003



 いつの時代なんだよ!というツッコミは無しで(笑

行き着いたサーフにこんな看板

002



これって離岸流が出るから泳ぐなってことだろ

ってことはポイントとなりうる場所じゃねーか

新たに開拓した広がるサーフ

001



 こうしてみると穏やかに見えるが底荒れしています

ちょっと投げてみるけど今回はダメっぽい

しかしいい場所を見つけた

何箇所か見て回るがどこも厳しい状況でしかもだんだん悪くなる一方

中断して市内を徘徊

釣具屋に入って釣果を見て回る

ヒラメはバンバン釣れているようだった

夕方・・・

朝入ったポイントを見てみると波は更に高くなり釣りは厳しい

しかも雨・・・

予報を見てみると予定最終日の翌日までは厳しい状況に心が折れ撤収

1週間かけて準備して釣りは1日だけ・・・

遠征にはリスクも伴うことを実感した釣行でした




次、チャンスがあればまたチャレンジしたいですね




本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS1010MML
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012
ライン> ダイワ・モアザンブランジーノ1.5号
リーダー>ダイワ・モアザンエクストリームタイプN40ポンド

2009/02/05

超レアなゲドー

長いこと釣りをしているとたま~にとんでもない魚を釣り上げることがある

これは昨年10月のことだが某漁港内でアジを釣っていたときのこと

当然シーバスタックルも持参

一通り探りアジは不発、メバルを2,3匹釣った

1200

オープンなエリアで

なにやらザワザワザワ

ボイルが頻発

ベイトはおそらくカタクチかサヨリ

ローリングベイトでボイル打ちを敢行するが不発

しばらくするとボイルは無くなり静けさが訪れた

時期的にヒラメもいるかもと思ったのでローリングベイトをボトムまで落としリフト&フォール

しばらく打っているとフォール中にガツガツとした当たりがありティップが入る

そのまま合わせると何かが掛かった

ゴ!ゴ!ゴ!っとストロークの長い引きで魚には間違いないのだが今まで味わったことのない引きなのだ

慎重に巻き上げ魚が浮いてきた

な、なんじゃこりゃ~~

003

そうなんです、アンコウなんです

最深部でも10mあるかないかの港でこいつです

おそらく漁師の網に掛かりそのまま捨てられ漁港の中をうろついていた所をたまたま掛かったんであろうと思います。

写真だけ撮りそのままお帰りいただきました。

もう2度と出会うことはないと思いますが貴重な体験をすることが出来ました。

しかしこの口、えげつないですな~

004