タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

エギング釣行 Feed

2017/05/21

危険!夜、テトラで落水!!

昨晩のこと

でかイカ求めて普段はまず行かない超激戦区の波止に行ってみました

時間はちょうど0時頃

この時間でも車は約30台は止まっていたが釣り場のキャパからは空いているほうだ

テトラで出来たこの波止は長さが端から端まで約3kmくらいあるのだが半分は釣り禁止

で、釣りが出来るエリアに入ってみました

この波止、小テトラで出来ているのだが2箇所出っ張った大テトラがありそこが1級ポイント

2つ目のテトラで釣りをすることに

暗い中ライトを頼りに2つ目のテトラの足場へと行ってみると先行者が

移動し人がいないことを確認してポイントに入る

慎重に足場を見計らい進んでいく

あとちょっとで足場というところでルートを再確認し足を踏み出したその瞬間

足がすべりそのままテトラの間に落水

ライフジャケットなどの安全装備は無い



背中にしょっていたデイバッグがフローティングベストの役目を果たし水に浮いている

上を見上げるとロッドが折れているのが見えた

ああ、落ちた・・・・と

普段ならパニックになっていたと思うがなぜか冷静だった、それは自分でも分からない

足は届いていないがテトラからはい上がるルートを探す余裕がなぜかあった

ルートを見つけなんとか脱出、これが他のポイントで自分の位置すら分からない状況だとどう
なっていたか分からないが今回は助かった

水に浸かったのは腰辺りまでだったのが幸いだったのかもしれない

その帰り道、長くそして情けなく、そして恐怖と戦い自分の取った行動を反省し帰路についた

俺はイカはほぼナイトゲームなので安全装備は必需品、にもかかわらず準備せずライトがあれば良いだろう程度の認識しかなかった
一歩間違えれば死んでいたかもしれない

怪我もたいしたことは無く擦り傷程度だったのは幸いで骨折とかしていたらと思うとぞっとする
今回助かったのは運以外何者でもなくエギ師でも地磯でナイトでやっている人は大勢居ると思うがくれぐれも安全第一で釣行してもらいたいものである

そしてこのポイントでエギングする人たちにも一言


安全第一!!

2017/05/12

満月の夜のエギング

昨晩も性懲りも無くエギング釣行

最初は「ポイントに入れるか?」と思うくらい人がウジャウジャ

それでもなんとか足場を確保

1時間後・・・

1人・・・また1人と撤収していき気がつけば俺1人、一番実績の高い足場が開いたためそこに移動

その1時間後ダイワのエメラルダス・ダートが根掛かりで殉職・・・嗚呼

それからタイプSに変えてカラーローテーションさせる

新たにエサ師が入ってきてから1時間後・・・そのエサ師が1.5kgクラスを釣り上げる

人の釣り上げた魚やイカには全く興味はないが時合い到来か?と思い気合を入れる

それまで使っていなかった金テープに替えて数投目・・・ヒット!したがたいしたサイズではない

ドラグを緩めに設定していたのだがドラグが全く出ない

寄せてくるとやはりあまり大きくは無くキロはなさそうだったがとりあえずギャフ打ちしてキャッチ・・・のはずがギャフがうまく入らない

あせる俺、このパターンで逃したイカはでかかった

更にあせる俺

2分くらい格闘してようやくキャッチ

002
やはりキロなさそう

どうみても700gくらいかと思ったら

001
700gジャスト(笑

目ジャーが意外と当たってるのに笑えた

それから1時間位して新たにエサ師が入ってきて俺の横で投げる

それから30分後そのエサ師と俺の間に割り込んで入ってきたエサ師

おいおい、隙間ないじゃんけ

相当釣りにくくなったが次の時合いを午前8時頃と読んだがさすがにそこまでの体力は残ってない

朝マズメまで粘りこの日の終了とした




今回の釣行は短時間の時合いを物に出来たのは収穫

無駄に粘ったのは次の反省点としなければいけないと思った朝でした



タックルデータ
ロッド> ダイワ・STX-EG 83MH-HD
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックスFX2.5号

2017/05/06

エギング遠征in対馬2017

GWに対馬にエギングの旅に出ました。

さすがGWとあってフェリー乗り場は釣具を持った人がいっぱい

俺もそのうちの1人だが(笑

仕事がめちゃくちゃ忙しかったので駄目かと思ったがフェリーにギリギリ間に合う

中は人人人で寝るスペースがない

フロアにゴザ敷いて休んでいましたが全く眠れず睡眠不足のまま対馬に上陸

ゲームプランは立てていたのでそれに沿ってエギングを展開する

最初のポイントでは完全な回遊待ちで時合いまで頑張ると始めて2時間くらい経った頃突然始まった

しかも最初の1杯は俺が掛けた奴でそこからバタバタ釣れた

3段しゃくりからのフォールでノソ~と乗ってきて合わせると掛かったがドラグは1ミリも出ず

キロあるなし?と思ったら

002

003
ギリギリキロアップ、しかも♀やし・・・彼氏捕獲のため即キャスト、最初のフォールでニョイ~ンと持って行くアタリがあったがこっちは掛け損なった・・・もったいない

この祭りが終わると平穏な海に戻りゆったりと時間だけが過ぎていく

最干での時合いがあるだろうなと思っていたら案の定隣のアングラーが1.5kg近い奴を釣り上げ終了

ここからツーリングという名のランガンを敢行

最初のポイントはスカ

次のポイントでは子イカを発見し狙ってみるとエギ見たとたん逃げていった

それでも藻際を攻めていると

004
エギと同じくらいのサイズがつれた(笑

次のポイントでは水深があるので手持ちの中で一番フォール速度の速い奴を選択

といっても普通にノーマルエギだが

ポイントについてからの2投目でヒット!

これもドラグは1ミリも出ない

重量感からキロはあるやろうと思っていたらキャッチしてみると微妙~

005

007
一応キロアップ・・・

今回のデジタルはかりはダイワの製品でむちゃくちゃ軽い

でも電池は食う

単4を2本使うのだがどのくらい持つかは不明

使いやすさは抜群に良い、イカ用フックと魚用フックが付属していてどちらでも使えるようになっている

おっと脱線してしまったがとりあえず午前の部はここで終了、ちょっとツーリングしてホテルにチェックインする

しばらく休憩して朝のポイントに入って夕マズメの勝負を賭ける

が沈黙

しゃくりしゃくりしゃくり暗くなるまでしゃくったが不発、この日の終了とした




2日目

昨日の再現を求めて同じタイミングで同じポイントに入るも横風爆風で釣りにならずランガンして釣りが成立ポイントを探す

何箇所か回ったがどこも風が強く厳しい・・・思っていたところ昨日3杯目を釣り上げたポイントでやれそうだったので粘ってみたが不発

新規開拓でツーリングランガンを敢行するも良いポイントを見つけ出すことが出来ず無常のタイムアップとなり終了となった




今回は2日目が不完全燃焼だったのが悔やまれるがこれも遠征、ありのままを受け入れるしかない

次はどうなるか分からないがまたチャレンジしたい島である



タックルデータ
ロッド> ダイワ・インフィートエクストリームEG80H
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500+RCS2508スプール
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>シーガー・グランドマックスFX2.5号




追記

この遠征で得たものは大きい、あるタイミングであるカラーには反応が非常によいことが確信へと変わった

失ったものといえば・・・タモのベルトは切れるはシャフト自体腰抜けになるは吊り下げるステーは折れるし買いなおす羽目に・・・第一精工に直接注文しましたよ。この時期の出費は非常に痛いが仕方ないかな~

2017/04/29

昨晩のエギンGoo

昨晩も出撃、やっぱり馬鹿なんですね~(笑




昨晩は背中からの風で今まで以上に釣りやすい

他のアングラーは数名

ダイワのエメラルダス・RVSよりスタート

1時間ほど投げるが反応はない

タイプSに変えてカラーローテーションで攻める

全く反応なし

時間は過ぎ下げ5分

エメラルダスHRV-Sに変えて様子を見ることに

とにかくライン操作が難しくしゃくってもエギが動いているかどうかも分からないようになってきた

1時間ほど投げてカラーを赤テープに変える

キャストをし、沈めていく途中でひったくるようなアタリ

がっつりあわせを入れるとズイ~ン、ズイ~ンとジェット噴射

乗った!!

しかしドラグが1ミリも出ないのでサイズはちいさいかな~と思って隣のアングラーともそう話す

しかし50m近く投げているので巻取りがだるい

ようやく寄ってきてライトを当てると触腕1本掛かり、やばいところだ

見た目はそこそこありそうだったが最初の思い込みからキロないと思っていた

ライトを当ててもらいギャフ入れ・・・がうまくいかない

5,6回ミスってようやくキャッチ

002

見た目キロ行くかいかないか・・・ってとこ・・・だと思っていたら

003
1.2kgあるじゃねーか

これをキャッチしてから次の時合いを6時頃と見定めて気合いれて

しゃくる

しゃくる

しゃくる

チーン

時合いも過ぎ上げ潮に入ったところでストップとした




今日(だよね)のエギングは単に運が良かったに過ぎない

次は




どうなる??






タックルデータ
ロッド> ダイワ・STX-EG 83MH-HD
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>ダイワ・エメラルダスエクストリームリーダー2.5号




追記

ダイワのリーダーは結束部が弱く締め込みでプツプツ切れる、単に俺の腕が悪いだけなのか

製品に問題があるのか??

2017/04/26

リベンジを果たす

前回ばらしたリベンジで性懲りも無く出撃

満潮潮止まりからスタート

何人かしゃくっているが釣れている感じではない

勝負は下げ5分なのでそれまで色々試す

昨年はあれだけ生えていた藻がほとんど無く釣りやすい

モゾモゾとしたアタリがあり合わせると・・・

002_2



君じゃない・・・

しばらくして狙いの潮位になり気合を入れてしゃくる

するとしゃくり上げてからのフォールでドン!

ジジジとドラグが出るが前回ほどではない

巻き取ってくると黒い影

意外とサイズは良さそうだ

エサ師のライトも借りて慎重にネットイン

004_2



 リベンジ達成!

1.5kgくらいありそうだと思っていたら

005_2



 ちょい足りず・・・

まあ一杯獲れたので一安心

これっきり反応はないまま時間だけが過ぎていく

そして雨が降り出し横風爆風で釣りにならず強制終了となった

今年は1発目からやらかしたのでどんな年になるか心配したがいらん心配でした。

次は2kg、やはり奴を越えるサイズを取りたいものである




タックルデータ
ロッド> ダイワ・STX-EG 83MH-HD
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>ダイワ・エメラルダスエクストリームリーダー2.5号

2016/05/22

今年も対馬遠征

釣りには行っていたけど撃沈続きで弱ってるぱんこです。

そんな中、今年もエギング対馬遠征に行ってきました。

20日上陸しそのままポイントへ直行

最初のポイントでは風が強かったがなんとかやれそうでした。

エギを回収中に「ゴン!」という強い衝撃が!

奴の動きに合わせようとするとフックオフ・・・というかゲソカット

どんだけ活性高いんだ・・・と今後の展開に期待が持てる

次に向かったポイントは風の影響もなく非常に釣りやすいがイカの気配が全くなくチーン。

次に行ったのはTVでも出ていた超有名ポイント

ただ、アングラーは俺1人

根元から先端に向かって攻めていったが反応はない

先端を攻めていたら数名のアングラーが入ってきて動けなくなってしまった

しばらくするとエギを引っ張っていくアタリが・・・

このパターンは合わせても抜けるしサイズも小さいケースがほとんど

ロッドを立てたらやはり抜けた。ここからショートジャークを2回入れロングフォール、すると

フォール中がっつり抱いてきて合わせる。

上がってきたのはこいつ

001_2

 
400g・・・いや300g位か?

いやいや季節は秋かよ・・・と思わせるサイズでした

最初の一杯がこのサイズ、しかもメス・・・かなり厳しいかもしれない

しばらく投げていると待望の明確なアタリが

ロッドもいい感じで曲がっている

いいサイズだと期待したらこいつ

002


 オスのモンゴウ、1,5kgくらいありそうだがやさしくリリース

持って帰ったら後が大変だからね

最干になったところで移動、ここも雑誌とかで出ている超有名ポイント

まずはシモリを一つずつ打っていくが不発

次に潮通しの良いポイントで回遊待ちで攻めるが先に心が折れてポイント移動

その途中イカを発見、サイトで攻めると一発で出た

003_2


 
いやいや季節は秋ということで(笑

次に向かったのは浅い藻場がらみの地磯

浅いこともありエギを3.5号に落とす

1投目、30カウントしても40カウントしてもなかなか着底しないな~と思いロッドを立てると
ヒットしていました(汗

004



が、完全に季節は秋、エギとイカのサイズがほぼ同じって何なんだ?

いやいやここ対馬でしょ?まさかイカ終わった?

いろんな思いがめぐってくる。しばらく粘ったが何も起きずに終了

ここで一時中断し宿を取り買出しを行う。





夕マズメは朝一入ったポイントへ向かうも他のアングラーが複数いて断念し移動

次のポイントはベイトはいるもののイカの気配だけは全くなくこの日は終了





翌日
朝一から前日コウイカを釣ったポイントに入る、時合いは10~11時、それまでが長いがとにかく待つ作戦に

他県と思われるアングラー数名が入ってきて小さいながらもイカを釣っていたが俺が狙っているサイズではない。
そのアングラーが移動しまた一人に、移動も考えたが時間まで決め打ちする予定だったのでとにかく粘った

そういえば地元のアングラーは「3.5号しか使わない」と言っていたのを思い出しクリックス・プロスペック3.5号に変更、11時をちょっとすぎたところでエギの後ろにいいサイズのイカがついて来た。

これをサイトの裏技を使いステイ、がっつり抱いてきて合わせも決まった!

ロッドもいい感じで曲がっている、エギングはこれが気持ち良いのだ

無事タモ入れも成功しキャッチ

005


1.3kgの春らしいサイズだ
そこから時間一杯まで粘ってみたがタイムアップで終了となった

今回は対馬らしからぬ激シブだったが最後にいいサイズが取れたしまあ。まあこんな日もあるでしょう。


来年リベンジできたらいいな~

タックルデータ
ロッド> ダイワ・インフィートエクストリームEG80H
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500+RCS2508スプール
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>ダイワ・エメラルダスエクストリーム2.5号

 

2016/04/24

スーパームーン

昨晩は4月の満月大潮

エギンガーにとってはスーパームーン

いつも行く港に満潮に合わせて行ってみました。

港に着くとエサイカ師はおろかエギンガーすら居ないまさに貸切状態

これならやりたい放題できるな・・・と

で、いつもエサイカ師がいるポイント入るとボトムにはカジメやホンダワラ、少しポイントをずらすとアマモが生えていてベイトも多く潮も通る

こりゃ占領されるわけだ

色々エギをローテーションさせるが反応はない

ふとダイワのラトルタイプS・赤ベーコンフレアが目に止まった

このエギは行く前から気になっていたが手に取った瞬間なにか感じるものがあり早速投入

答え1投目で

0011.5kgクラスか・・・?

004足りませんでした(泣

写真を撮り2投目、よそみしていたらティップが入る感触があり即合わせを叩き込み

0022連荘!

1.2kgあるか??と思ったら

003ギリで1.2kgありました(嬉

その後は雰囲気はあるものの潮が止まり潮位だけが下がっていく状況であたりもなく時間切れで終了となりました

予定では3kgアップが釣れるはずだったが叶わぬ夢となってしまった

ちと残念

でもこれでイカが始まったことが分かっただけでも収穫でこれから5月いっぱいまでは3kgアップという夢を追いかけて行きたいと思います。




まってろよ!!



タックルデータ
ロッド> ダイワ・STX-EG 83MH-HD
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>ダイワ・エメラルダスエクストリームリーダー2.5号

2015/05/08

対馬エギング一人旅

今年はイカがあまり釣れていない

そこで離島は如何よ?ということで対馬に遠征

フェリー出発までの間、少し時間があったのでターミナルにてチーバスと戯れる

001

そして出航

対馬でのゲームプランを考えながら横になって寝る・・・が眠れない

横の客のいびきが半端ね~くらい凄い

そうこうしているうちに対馬に到着

狙いのポイントに入る

最初のポイントは潮位が低くちょっと厳しそうだがちょっとやってみる

やはり反応はなく潮位が高くなってからの勝負と思い移動

次のポイントは水深もあり潮もそれなり、そしてベイトがむちゃくちゃ多い

しかしすみ跡はない

やはり厳しいのか全く反応はない。しばらく打ってみたがノーバイト

最初のポイントに入ってみた

朝とは違いベイトも入ってきているしいかにも釣れそうな雰囲気だ

しばらく投げていると待望のアタリ

0021.6kg

しばらく粘ったが風向きが変わり向かい風、しかもあて潮となったため移動

数箇所ランガンしたが一度アタリがあったが乗せきれずこの日は終了

宿をとり夕飯+朝食を買出しにいく

ついでにうわさの「ステラ売ってるホームセンター」にも立ち寄った

エギング用品とジギング用品は充実していて新製品も置いていた。

ロッドもメジャーなメーカーの製品も置いておりこの島のエギングの人気の高さを知った

リールコーナーにはウワサのステラ置いてるし(笑

見るだけだったが結構楽しめた

その後買出しを済ませこの日は終了




2日目も初日に入ったポイントに向かう

以前から気になっていたことを確認したかったこともありダイワの古いエギを投げる

答え一発

003キロ弱

これで疑問が確信へと変わった

昼まで粘るつもりで投げ続け2杯目はしゃくりあげてロッドを立ててフォールで

004800g位

沖でサイトと同じような感じでやったら横抱きで乗ってきた

しっかり合わせたつもりが針に掛からずキャッチ

エギはガリガリやられ貴重なエギがご臨終・・・

似たようなカラーで粘るも前日同様向かい風+あて潮となり移動

終了時間まであと少し

ちょっと気になっていたポイントに様子見にいく

なるほど、藻場とシモリが点在し潮通しも良い、いつも人が入っている理由が分かった

そこで試しに投げてみると一発で出た

0051.3kg

多分偶然だと思うがうれしい一杯となった

しばらく投げてみたが反応はなく移動

ラスト勝負ポイントは横風が強く釣りにならないほどひどくここで終了となった




地元で釣れてないので離島は如何よ・・・で始まった今回の旅

離島でも釣れてないことが分かったのは収穫

自分のエギング力がたいしたこと無いと分かったのも収穫

これからどうやって力を上げていくかが課題である。。



タックルデータ
ロッド> ダイワ・インフィートエクストリームEG80H
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500+09エメラルダススプール
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>ダイワ・エメラルダスエクストリーム2.5号

2014/05/29

プチ連敗脱出

昨晩も懲りずにエギング(はい、前回釣ってから約10連敗くらいしている)

ポイントに着くとエサ師が全く居ない

先週土曜日はエサ師だけで満員御礼状態だったのに・・・である

こちらとしては釣りやすいがエサ師が居ないということは釣れないということじゃないかと

ま、とりあえずやってみた

今回ロッドを変えてダイワ STX 922MHX-SVを持ち込んだ

このロッドを使うのは実に3年ぶりなのである。

ここ最近はエバーグリーン・マグナムジャークセカンドステージを使っていたのだが釣れないのをロッドのせいにする・・・・わけではなくちょっとした検証という感じだ。

釣り始めて1時間、3段しゃくりからのフォールで違和感を感じ電撃フッキング

小さいながらもジェット噴射を感じる

ひょっとしてコウイカかも・・・と思っていたらビンゴ

005

エギはダイワのミッドスクイッドHR-Vのシャロー4号、ホログリーン杉

このポイントでシルバー系を使うとコウイカがやたらと釣れる

なるほど、エサ師がいないのがわかる気がする。

で、連発

006
これは1kgちょい(1.2kgぐらい?)あった

1時間ほどするとモゾ~と藻掛かりしたような感触があり回収・・・ってタコでした。

007
これはミッドスクイッドシャロープラスのピンクホロ

今晩はホロ地が当たりなのか?

さらに追い討ちをかけるように1発

008
これは最近発売されたヤマラッピ監修のエメラルダスラトル タイプS インパクトシュリンプ?

これを最後に3時間の沈黙ののち心が折れて撤収とした。




今回ロッドを変えたのロッドが硬すぎてエギがきちんと動いていなかったのでは?という疑問からでコウイカとはいえ結果が出たということに何か意味がありそうな感じ

春エギングシーズンもあと少し、この間に検証してみたいと思います。




タックルデータ
ロッド> ダイワ・STX-EG 922MHX-SV
      
リール> ダイワ・イグジストハイパー2500+09エメラルダススプール
ライン> ダイワ・UVF エメラルダス8ブレイド0.8号
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックス2.5号




余談だが922MHXの腰が抜けてきたような感じがした。代わりとなるロッドが無いだけに悩ましいところだ。。

続きを読む »

2014/05/05

いきなり出た~

昨晩は近所の激戦区へエギング

といってもエサ師が大変多くしかも水深は10m弱あるのに藻が繁茂していてノーマルエギではすぐに藻ダルマになるような場所。

で、ダイワのシャローエギとガンクラフトの魚邪の軽を準備しての釣行

なぜダイワのエギを愛用するかというとシャロー系4号エギがそれほど多くは無く選択肢がない(後はブリーデンのエギマルシャローしかしらない)。今回はミッドスクイッドSZ-RVのシャロー(これが一番沈降速度が遅い)をメインに使ってみました。

定番の金/ピンクからスタート

2投目、3段しゃくりからのフォールで「もあ~」とイカ独特の感触が伝わってきて電撃フッキング

ドラグもジ・ジ・ジといい感じで出ていき重量感たっぷり

浮いてきた瞬間1.5kgは楽勝確定サイズでもしかしたら2kg・・・が頭をよぎる。

0011.7kg

きっちりキャッチして捕獲成功

いきなりのいいサイズに今晩はいけるぞ!という気に久しぶりになりテンションもアップ!

その後満潮から下げ1時間の時合いまで7時間しゃくり倒して終了

このタイミングでエサ師はボコボコだったので居たのは間違いないのだが・・・・

結局2匹目のドジョウとはいきませんでした。

今年は絶不調でもしかしたらノーヒットでシーズンが終わるかも・・・と思っていただけに嬉しい1杯となりました。

しかし今回は釣れるときは簡単に釣れるものだと思ったし今までこだわりとかあり考えすぎていたのかもしれません。

次もがんばります





タックル
ロッド>エバーグリーン・スキッドロウセカンドステージ・マグナムジャーク710MH
リール>ダイワ・イグジストハイパーカスタム2500
ライン>ダイワ・UVFエメラルダス8ブレイド08号
リーダー>シーガーグランドマックスFX2.5号

続きを読む »