タイドグラフ

スタイル

  • 02

    Releasebb1_2
    Bh01_2
    Kaerublk

日本ブログ村

  • GyoNetBlog ランキングバナー
    にほんブログ村 釣りブログへ
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
Powered by Six Apart

シーバス釣行 Feed

2018/03/31

最初の1投で

昨晩は久しぶりにホーム河川に行ってきました。

毎年桜を見ながらウェーディングするのが楽しみで年中行事みたいになってます。

さて浸かる前に実績ポイントの様子を見にいきそこでTKLM9/11をセット、ピンに打ち込む

なんと1投目からヒット、重量感はないが魚体が見えたときは結構いいサイズだったのでエラ洗いさせないように魚を誘導しキャッチ

001
がっつり食ってる

004
超が付くくらい久しぶりのランカーで83cmでした。

いきなりこんなのが掛かるとテンションMAX、ヤルキMAXでしたがランガンしピンをねらうも無反応

浸かりポイントではヌタヌタにはまりつつ狙っているとヒットしたがすぐばれてしまった

50cmあるなしでしたがこっちはちょっとくやしい

そうこうしているうちにタイムアップ、終了となりました。

交通事故的な1本でしたがこの河川での最高記録となる嬉しい魚との出会いに感謝しつつ帰路につくのでありました。




本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザン アーバンサイドカスタム87LML
リール> ダイワ・(旧)イグジスト3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン8ブレイド16ポンド
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックスFX5号

2018/02/26

上げ潮

先週の土曜日は下げ止まりからのエントリー

実は上げ潮が苦手であまりいい思いをしたことが無い。

だがチャレンジしなければ結果はついてこない

というわけで近所の河川に浸かりました。

最近お気に入りのヨイチライトから始めるもボトムを擦る為3投でチェンジ

コモモを投げるも反応はない

上げ潮なのだが流れはゆったり下流方向に流れている

リップ付きシンペンの必殺ローテーション、ピース80⇒ピース100⇒マリブ78と行うも不発

お気に入りのラムタラチビパデルを投入、ゆっくり流していく

徐々に潮位も上がってきたが最高潮位は浸かれる範囲内

ウェーディングの釣りを楽しみつつも回答を探す

そのまま時は流れて流れも無くなり終了タイムとなったのでラスト1投をラムタラ130で勝負!

そのまま帰ってきました(泣

上げ潮の経験値が少ないので攻め方が全く分からん

徐々に勉強するかな~



本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS87MLM
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン12ブレイド1.2号
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX6号

2018/02/18

新月大潮なのに~

昨晩は大潮⇒中潮という潮周り

とりあえず近所の河川に行ってみた

ポイントにつくと先行者がいてびっくりしたが開始早々に先行者が1本、見た目60cmは超えているようだった

とりあえず少し離れた場所から様子を伺いつつ攻めるも不発

その先行者が帰ったあとすぐにその場所に入り色々試していると

「俺を使ってくれ~」的なオーラを放つルアーが目に止まりそれを投げることにした

すぐにいい流れが走ったのでドリフトさせて攻めるも不発、ならばとダウンに入れてみると1発で

006
まあ、50ちょいですけど出せました。

このあと流れも落ち着きすこし流れているかな~まで落ち水位もだいぶ落ちた頃

コモモ125HDを試しに投げるとすぐに反応が出た

012
サイズダウンの40ちょいちょい

このあと流れも出ないまま潮位が下がって諦め納竿、終了としました。

今回の釣行ではパール系には全く反応がなくシルバー系のみ反応するという展開にびっくり

長いことやってりゃそれなりにおこりますね、いろんなことが

今年4月に左手首の再手術が決まっていてそれまでの間は頑張ってみたいと思います。

春エギングは無理かな~



本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS87MLM
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン12ブレイド1.2号
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX6号

2017/09/30

ヒラメのちシーバス=サスケ裂波120!

今日、久しぶりにサーフゲーム

夕マズメからの勝負

まずはヒラメを狙う

まずは様子見でトレイシー25gを投入する

鉄板って飛ぶね~

その後DUOのフリッパー30gをチョイス

メタルジグの割には浮き上がりが早い印象

次にサスケ裂砂を投入、これも浮き上がりが早い印象

フライヤー120、タイドミノー105LDとローテーションさせるも不発

暗くなったのでシーバスモードに突入

まずはサスケ95SSを様子見で使いサス裂波120を投入

しばらく投げているとヒット!今年はばらしてばかりなので慎重に寄せてキャッチ!

サイズは・・・あれだが今年初のシーバスに感激

006

サスケ120のサイズからシーバスのサイズが分かることだろう(笑

その後しばらく投げていたが反応はなくコモモトマホーク130を投入するも不発

裂波120の別のカラーに変えて投げていると終了のアラームが鳴りラスト1投

これが意外と10投とかしてしまうのだが1投だけ・・・

すると奇跡が起こりなんとヒット!

これは先ほどの奴よりサイズがいいので慎重にやり取りをして無事キャッチ!

008

事故を起こしようやく復帰してキャッチしただけに超うれしい1本となった。

丁寧に蘇生して無事リリース、元気が余っていたのかすぴゅーんと闇の中へ消えていきました

そして無事帰宅できました。

復帰して釣りができるようになったもののシーバスを釣り上げることができるのか心配だったがそれもクリアしてようやくフィールドに戻ってきたという実感がわいてきた。

これからも交通安全、安全釣行に気をつけて楽しんでいきたいと思います。




本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS97MML
リール> ダイワ・イグジスト3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン8ブレイド16ポンド
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX5号

2017/09/08

ブランジーノAGS87MLMデビュー戦

昨晩は交通事故後初の釣行

予約受付段階から手をつけていたロッド

ダイワ・モアザンブランジーノAGS87MLM

001

今まで浸かりに使っていたロッドが終わり次のロッドに求めていた性能全てを兼ね備えたスペック

そのデビュー戦をリハビリ兼ねて行ってきました。

リールをセットすると重さを感じることなくすぐに馴染んだ。EVAが硬いのは新品の証拠、いい感触だ

出発

ポイントにつくと状況は最悪、ベイトとなるイナッ子が悠々と泳いでいる

釣れにくい条件だが引き返すことはできない

最初の1投、フルキャストはできないがそれなりに投げる

意外と飛距離が伸びた。左手があまり状態がよくないので引き手に力が入らなかったにも関わらず・・・だ

ルアーの挙動も流れもラインにゴミが掛かっているという情報もすべて伝わってくる

すさまじい感度で取り回しも抜群に良い

しかもガイドはAGS97MMLと同じはずのAGSだがガイドに絡んだりといったトラブルは全く無い

最初は潮位も高くルアーのテストみたいになったがどれも97と同等かそれより飛距離が出る

ちょっと思いつきでコモモ125SPを投げるとコン、ガガガとバイト、弾いてしまう。サイズは小さかったようだ

徐々にキャストもロッドを曲げこんで投げられるようになってきた。それと共に飛距離も安定して出る

開始から2時間くらい経つと突然水面がざわついてきてイナっ子の大群が接岸、これにシーバスが付いていてボフ!と強烈な捕食音が響き渡る。セットしてあるコモモを投げ込んだがハズレ、時合いは2分ほどで終了・・・

目の前には平和が訪れた(笑

しばらくはいろいろルアーを交換しながらやっていたが浸かれる潮位になったのでウェーディング開始

浸かってからの状態からもキャストはしやすく飛距離も十分、狙っていた通りの性能だ。

浸かり始めてすぐくらいに霧が出てきてあっという間に白い世界に、こうなったら感度だけが頼り

しかし必要な情報は手に伝わってくるので安心して白い世界にキャスト

シャローがあるであろう方向にマリブ78を打つと一発でヒット、あわせると水面を滑ってくるような感触の後ポロリ

パワーがある分小さい奴はオートリリース(笑) ここは仕方なしかも・・・

そうこうしているうちにタイムアップ、終了とした。

さて、このブランジーノAGS87MLMだがパワー面以外は(魚掛けてないのでわからん)文句の付けようのないロッドで先行予約してまで買った意味はあったと感じる。ウェーディングではなおさらそれを強く感じた

これから先どんな経験ができるか分からないが今後が楽しみである



本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS87MLM
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン12ブレイド27ポンド
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX6号




翌日・・・




左手(怪我したほうの手)がむくんで痛い~

(泣

2017/06/08

NEWロッド入手

さかのぼること4月の半ば、ダイワからNEWロッドの発売がアナウンスされた。

ちょうどそのころダイワのAGS97MMLをメインで使っていたのですが浸かりの時にはレングスが長すぎて扱いにくく感じていて同じくらいのパワーで8.5fくらいのものを物色していた。

そのNEWロッドは8.7fで探していたレングスにぴったり、自重も重くなくこれだ!と通販サイトを探しまくり某サイトで予約受付開始という文字にリアクションバイト(笑

こうして予約を行った

5月22日、自分の不注意で交通事故をおこしてしまい入院、鎖骨、手首の骨3箇所骨折、腸に穴が開き緊急手術というはめになってしまいました。その入院中にロッドが届きましたがそれが5月29日、5月発売というわりにはちょっと遅いんでないの?とツッコミたくなったが無事届いたのには安心した。

さてそのロッドがこれ

001

ダイワ・モアザンブランジーノ87MLMである

MLMとはMとMLの中間という意味らしくMMLと同等のパワーであることが容易に考えられる

左手は今このような状態なので

003

眺めることしか出来ないのだが非常に美しくキラキラ輝いて見える。

そしてこの印字、とてもかっこよく見える

002

使わなくても所有欲を満たすには十分なかっこよさである。

早く復帰してこのロッドでブイブイ言わせたいというのが本音

最も復帰にはあと1~2ヶ月かかるらしいが。

とりあえずシーバスロッドはこれでどこでも対応できるようになったしあとは復帰して釣りにいきまくるだけなのである。

このロッドでランカーなんか釣ったら倒れるかもしれない(笑

とにかくまずは復帰が最優先、そのあとは






釣りに行きまくってやる!!

2017/02/26

近所の河川で初釣り

昨晩は近所の河川での初釣り

関門でのコノシロパターンも考えはしたのだが他のアングラーが多そうだったので切り捨てての釣行

満潮ちょい下げからスタート

すぐにでも浸かれる潮位だったが寒いんでもう少し下げてから・・・と思いテトラから打つ

最近お気に入りのリップ付きシンペン⇒ミノー⇒リップ付きシンペンとローテーション

なんにも反応はない

ベイトもまだ入ってきていないみたいでシーバスも入ってきてないかな~

浸かれる潮位になったのでウェーディングしてみた

ごっつあん125Fから入りサスケ、ラムタラとレンジを上げながら攻めるも不発

リップ付きシンペンのマリブ78⇒ピース100⇒ピース80とローテーション

するとピース80でヌメ~とした感触

バイト?あわせるがバイトではなかった

マリブ78に戻してもヌメ~という感触

ボトムは泥質なのでボトム擦ってるのかと思いマリブ92でレンジを下げる

ヌメ~はなかったがなんとここで思わぬヒット!

ガバババとエラ洗いし下に突っ込んだ瞬間フックアウト

この時期の貴重な1本を逃してしまった

その後マリブ78を投げるとヌメ~はなくなった

流れの変化?なんだか分からないまま時間だけ過ぎていく

潮位も下がりきり干潮間際

さすがにマリブ78、ピース80でボトムを擦り出したのでガルバ87を投入するも何にもなく終了タイムを迎えた・・・




んで、今回初めてユニクロのヒートテック厚手を着てみた

以前は鮎タイツを使っていたのだが動きにくく冷えると骨身までキンキンになる

ヒートテックではそれがなく膝が少し冷えた感はあったものの動きやすく浸かっているときには冷たさを感じたが陸に上がるとそれもなく非常に良いな~と感じた

これからはこれを使っていくと思う

しかしバラした魚は悔しい、これで3釣行バラシ、キャッチできるのか心配になった夜でした。。




本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS97MML
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン12ブレイド27ポンド
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX6号

2017/02/06

関門以外のコノシロパターンで

先日は関門エリア以外でのコノシロパターンを調査

昔はがっつりコノシロが入っていたエリアで今もはいっているようだったら期待できる

最初のポイントはベイトの気配もなくレンジもK2F142とサスケ130剛力、ザブラ15Fでチェック

反応が全くなく移動

次のポイントも魚の気配がなく剛力とザブラ15Fで粘るもチーン

3箇所目

ここはコノシロのほかにもイナッ子がいるので多少は期待できる

まずはエンゼルキッス140で広範囲を探る

時々イナッ子に当たるのでチャンスあり?

ロウディー130Fでレンジを入れて探るも不発

思いつきでザブラ15Fを投入

4,5投目で弱いながらも吸い込むようなバイト、一瞬間をおいて合わせるもすっぽ抜ける

ルアーを回収するとテールフックにリーダーが引っかかっている

もしかして頭から吸い込んだ?

しばらく投げたがそれ以降はなんにもなく終了

これでこの近辺のコノシロパターンは成立しないという結論に達した

やはり関門エリアがいいのかな~





今回のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS1010MML
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012
ライン> ダイワ・モアザン8ブレイド20ポンド(1号)
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックス5号

2017/01/29

今年初の関門コノシロパターン

昨日、今年初の関門コノシロパターンに行ってきました。

ここ最近、水温の関係からかコノシロの動きが曖昧になり以前はバンバン居たエリアに全く入ってこなくなったりその逆もしかり

今年入ったエリアは昔はバンバンいたけど最近は入らなくなったという場所

今年は如何よ?という感じで行ってきました。

まずはタイドミノースリム175で広範囲を攻めるが不発

時折コツコツとベイトに当たるので何かしらのベイトが入っている可能性が高い

タイドミノーサーフ150では何も当たらなかったのでここのド定番、エンゼルキッス140を投入

数投目でヒット、ヒットした瞬間にえら洗いしたのでシーバス確定!

十分弱らせキャッチしようとネットを準備、使っているのは第一精工の折りたたみ式の奴

が、ここで問題発生

ネットが開かない

あせる俺

ネットは開かない

あーだ、こーだしているうちにミスしてラインテンションが抜けた

その瞬間魚ともオサラバ・・・

サイズはたいしたことがなかったがこの時期の貴重な1本、ちと悔しい

ちょい無理して抜き上げたほうが良かったかもしれない

その後色々ルアーローテーションさせていきレンジを下げてロウディー130を投入

何投目かでコツコツと超ショートバイト

レンジはあっていたが何かがずれていたように思う

ルドラ130sのほうが良かったかも・・・とか思ったり

そうするうちに終了アラームが鳴り終了とした




今年はコノシロ求めてポイント開拓していかなければ結果を出すのは難しいと思った夜でした




今回のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS1010MML
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012
ライン> ダイワ・モアザン8ブレイド20ポンド(1号)
リーダー>クレハ・シーガーグランドマックス5号

2016/11/15

昨晩のスーパームーン

昨晩は68年ぶりとなるスーパームーン

休みとも重なり釣行することに

満潮時刻に合わせてポイントに入る

さすがに潮位が高い

しかも曇ってるし

ヤルキ満々で釣り開始

浸かれる潮位になるまではリップ付きシンペンを軸にローテーションさせサルディナ107Fで超ショートバイト

このレンジを軸にルアーをローテーションさせるが不発

下げ5分

浸かれる潮位になったので浸かる、流れがほどほどしかなくリップ付きシンペンで攻めるも不発

もう一度サルディナ107Fを投入、早速ヒット!

が小さすぎてばらしてしまう

ここからザブラ・タイダル11Fや流れが走ったらパデル105を投入、ゆるくなったらリップ付きシンペンを投入、パデル105に1度ヒットしたがあまり大きくは無くこれもばらしてしまう

打つ手がなくなり残り時間もない

最干前・・・・・

かなり潮位が下がり牡蠣瀬によるヨレが出始めた

ここでガルバ87Sを選択

浅いレンジを確実にキープできるからだ。

そして数投めでヒット!

超慎重にファイトし寄せてくるサイズは50ちょいか?

浅瀬にずりあげキャッチ

005

006

サイズは測らなかったがちょっとスリムな50前半

撮影を終えリリースした後釣りスタート

水が逆流しはじめたため一時中断、するとみるみる潮位が上がってきた

と同時に終了アラームが鳴ったため終了とした




スーパームーンに期待したが出せたのは小さいサイズのみ

ルアー選択かシーバス自体数がいなかったかは分からないが期待したサイズが出せなかったのは残念

しかし収穫もあったので良き釣行となりました。

次のスーパームーンは2021年らしい。しかも4月と5月ってイカ全開じゃねーか




本日のタックル
ロッド> ダイワ・モアザンブランジーノAGS97MML
リール> ダイワ・イグジストハイパーカスタム3012+RCS3008
ライン> ダイワ・モアザン12ブレイド27ポンド
リーダー>クレハ・シーガーリアルFX6号